1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 吉川千明
  5. 夏にはシトラス、柑橘系を楽しんで!

夏にはシトラス、柑橘系を楽しんで!

2013年07月25日吉川千明

いつものオーガニックではないけれど、
やっぱりフレグランスが好き。
パリに本店を持つフレグランスのブランド、
アニックグタールのニューコレクションの発表会に行ってきました。
雨が上がった六本木。白い会場に光が差し込んでそれはキレイな午後でした。

ボトルも素敵

アニックグタールは、私の好きなブランド。今、使っているのは「オーダドリアン」という名前のオーデコロン。そして、今日ご紹介していただいたのは「ネロリ」という名前のコロンです。ネロリは、ビターオレンジの花の香料のことを指しますが、ここではフレグランスの名前になっています。「ネロリ」は柑橘系独特のさわやかさの中に、ビターオレンジの花が優雅さを表現しています。心が浮き立つような香りです。
アニックグダールのフレグランスのボトルは通常小ぶりの円柱型ですが、「ネロリ」には、まったく同じ香りが入った角型の大きなボトルでも作られています。同じ香りで2種類のボトルがでています。大瓶は男子を意識しているのでしょうか。どちらを使ってもいいのですが、彼と彼女、ユニセックスで使える香りです。大振りな角のボトルもとても素敵。こんな素敵な香り、いただいてももうれしいけれど、プレゼントしてもおしゃれですね。こんないい香りをつけている男子がいたら、グッとくるなあ。

夏はシトラス、柑橘系

柑橘のことをシトラスと呼びます。
「ネロリ」もそうでしたが、暑い夏、この季節はやはりシトラス、柑橘系の香りがおすすめです。私も何種類かの柑橘系を使いわけては楽しんでいます。
家では、小さいテーブルの上に好きな香りを出したままにしています。気がついた時にたっぷり体にふりかけて。夏の暑い日も気持ちよく過ごせます。
夏向きで私の好きなシトラスには、「ネロリ」や「オーダドリアン」のほかに、ゲランのアクアアレゴリアの「マンダリンバジリック」や、やはりゲランでネロリをふんだんに使った「オーインぺリアル」などがあります。

フレグランスもフレッシュなうちに使いましょう

フレグランスにも賞味期限があります。やはり早いうちに、フレッシュなうちに使いたい。
服や靴をシーズンで楽しむように、その時のその季節の新しいフレグランスに変えてみて。
昔からあるフレグランスも少しづつ、時代に合わせてリニューアルしています。
香りで季節、さらに楽しくなりますよ。

吉川千明

Yoshikawa Chiaki

このライターのコラムをもっと見る >>

美容家・オーガニックスペシャリスト
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティ、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案している。「ジュリーク ショップ青山」、「白金台ビオ・パスカル」などのサロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持つ。オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。オーガニック&ナチュラルコスメのプレスルーム「ビオ代官山」、働く女性の保健室「さくら治療院」代表。CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー。NPO法人「みんなの漢方」理事。
著書:「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)2013.6月発売など

関連リンク: ビオ代官山

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.