1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 吉川千明
  5. 私の一人一鉢運動!

私の一人一鉢運動!

2013年08月08日吉川千明

植物はいつも与えてくれる・・・
一人一鉢、育ててみない!?
小さなベランダで、料理の横に添えるパセリでもいいし、紫蘇でもいい。
季節の小さな花でもいい。
たった一鉢でいい。自分で育て始めた時から、植物を見る目は変わります。
世話をしながら、すっかり自分が癒されているのに気づきます。決して
器用じゃない私のグリーンライフご紹介します。

週末はファーマーズマーケットで片山君を訪ねよう

昨年は、イタリアンパセリやバジル、紫蘇や山椒などのハーブやスパイス、それにワイルドベリーなど食べられるものを育てていた私ですが、今年は花も育てています。
特に最近、好きで買っているのが、写真の彼、「植物自由区」の片山陽介君の育てている花。
彼は、毎週末に青山の国連大学前広場で開かれるファーマーズマーケットに出店しています。
松戸の自分の農園で育てた草花を運んできて売っています。
同じ名前の付いた花でも、彼の選んで育てている種類は、とても素敵。
ニュアンスのあるセンスのよい花たちです。珍しい種類も扱っています。
自分自身が見てみたい種類を育てているそうです。
そして、彼が大事に育てた草花は、きれいなだけでなくとても丈夫。
私が買ってきて、家で育てている花たちも、この暑い中でもとてもたくましく咲いています。
 植物自由区http://www.shokubutsu-freak.com/

夏の盛りに咲いてます―ダリアの妹、ジニア

先週買った花は、「ジニア」。
「ダリアなの?」と聞くと
「ダリアの妹分でジニアです。」と。
「不思議の国のアリスに出てくる花のように、できるだけ毒々しいやつがいいなあ~。」
と選んでもらって特別に!個性的なジニア4輪を買ってきました。
家に帰ってからビニールポットから出して植え替えです。
花の時期は11月ごろまで。結構長く楽しめます。

一緒に楽しんであげれば花たちもうれしい

鉢植えの花たち、
大事にすれば長く咲いてくれるけど、
枯らしてしまうこともあるでしょう。
『鉢植えを枯らしたらどうしよう・・・・、』
なんてそんなに罪悪感に駆られることはないのです。
植物はいつも与えてくれる。
花を買おう、花が見たい、
そう思って楽しみに家に連れてきてあげて。
あなたの気持ちだけで、花たちは喜んでいるはずよ。
今の季節の植物を楽しみましょう。
ジニアと一緒に買ってきたのは、パイナップルリリー。
これも変わってるでしょ。素敵でしょ。
室外向きですが、夜は家の中に入れて、
照明に照らされる陰影を楽しんでいます。
水はたくさんはいらないそうです。
片山君のところで花のことを教わりながら、育ててみようと思っています。
(いい師匠み~つけた!)
冬でも花の種類が減らないように考えているそうです。秋冬も楽しみです。

一人一鉢みんなが育てたら

都会はマンションのベランダもけっして広くない。
それでもみんなが野菜やら花やら育てはじめたら、
どこのマンションも緑がチラリと見えて街並みが
変わること間違いなし!
お互いにベランダ自慢したりして。
そういえば、キューバという国があるでしょ。、
市民がオーガニックで野菜を育てているオーガニック先進国だけれど、
元はと言えば、経済制裁で食物を絶たれたことから自給自足をしようと
家々のガレージやベランダで野菜を作りはじめたことがきっかけ。
日本も一人一鉢から、そんなことになるかも。
一鉢作ることから、意識が変わってく。
みんなでやってみようよ!

吉川千明

Yoshikawa Chiaki

このライターのコラムをもっと見る >>

美容家・オーガニックスペシャリスト
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティ、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案している。「ジュリーク ショップ青山」、「白金台ビオ・パスカル」などのサロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持つ。オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。オーガニック&ナチュラルコスメのプレスルーム「ビオ代官山」、働く女性の保健室「さくら治療院」代表。CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー。NPO法人「みんなの漢方」理事。
著書:「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)2013.6月発売など

関連リンク: ビオ代官山

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.