1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 吉川千明
  5. 女性ホルモンを知らずには生きていけない(1)

女性ホルモンを知らずには生きていけない(1)

2014年11月18日吉川千明

40代のあなたにも今から知って欲しい女性ホルモンのこと。
12年、通算100回やってきたセミナーで、対馬ルリ子先生と私がみんなに伝えたかったこと。

50歳を過ぎたら、女性ホルモンは、ゼロになる。更年期のない女性はいない。
そう聞いたら、みんな「うっそ〜」と驚くでしょう。50歳、その前後、数年のズレはあれど、全ての女性に閉経が来ます。月経が完全に止まって一年後を閉経と呼びます。閉経の前5年、後5年、合計10年を更年期と呼びます。

50歳を過ぎたら、女性ホルモンは、ゼロになる。

40代に入って、女性ホルモンが急降下する時期、閉経の前後10年間を更年期と呼びます。
私達女性は、オギャーと女の赤ちゃんとして、この世に生を受けた時から、全ての女性の卵巣寿命は、どなたも約50歳にセットされています。卵巣に入っている卵子入りの「たまご」、卵胞から出されるホルモンが女性ホルモンです。
「たまご」が空っぽになれば、女性ホルモンも分泌されなくなる、ということです。
更年期の不調、更年期障害のない、感じない!女性はいますが、更年期のない女性はいない、ということになります。

女性ホルモンは、女性の心、体、肌、女性の健康全体を守っています

セミナー。みなさん真剣に聞いてくださいます。

女性ホルモンは、卵巣、乳房、子宮だけに関わっていると思っているかたも多いのではないでしょうか?実は、違います。
女性ホルモンは、女性を守っているまさに「お守り」。女性の全身の健康を守っています。
50歳より前の人には、せっかくある「お守り」を大事にして欲しい。
50歳より後の人には。「お守り」がなくなるのだから、体に起こる変化を知っておいて上手に不調を乗り切って欲しいと思っています。

「知る」ことでできることはたくさん、あります。

そのことをお伝えしたくて、産婦人科医の対馬ルリ子先生と「もっとキレイのための女性ホルモン塾」というセミナーを開いてきました。2002年からはじめて、通算100回になりました。婦人画報社の応援で、先週、汐留のコンラッドホテルで100回記念セミナーをしました。写真は控え室での打ち合わせの風景です。

みんな女性ホルモンに関係していた・・・

卵巣、乳房、子宮だけじゃない、女性ホルモンは、女性の健康全てに関わってきたと書きましたが、こんなことに思い当たりませんか?
● 肌が乾く、荒れる、くすむ、ニキビができる、シミが目立つ、
● いつもの下着にかぶれるようになった
● 目が乾く、口が乾く、のどが乾く、のどが詰まる、胸が詰まる
● 肩こり首のこりが酷くなった、腰が痛い、関節が痛い、
● 冷えが酷くなった 
● トイレが近い
● 眠りが浅い、イライラする、ドキドキする、落ち込む、
● 狭いところが苦手になった
● 胃が弱くなった、
● やたらと汗が出る、のぼせる
● ぜんそくがでた、小さい頃のアトピーが復活した、
一見関係なさそうなことがみんなつながっています。こんなことがいくつか同時期に起こってきます。女性ホルモンを抜きに、女性の健康も美容も考えられません。

肌がひどく乾く、荒れる。それも女性ホルモンのせいだった・・

40代に入ってすぐ、まだ更年期には早い人でも、肌がこれまでになく乾いて、荒れて困っている人がたくさんいらっしゃいます。計っても実際のホルモン値はそう低くは無いと思うのですが、数値より先に、肌がこれからのホルモンの降下を察知しているのでしょうか。
驚く程かぶれてしまって、あちこちの皮膚科を回る人もたくさんいます。
みなさん、「こんなことは無かった・・。」「薬を塗っても治らない。」と。
そうだろうな、といつも思います。女性ホルモンのことを抜きには、女性の肌は考られません。スキンケアなら、敏感な肌に安心なものに変えて今の時期を乗り越えてください。

過敏な大人の肌に。二つご紹介致します。

メアミルクを使用したブランド マリアス

馬のミルクには、人間のお母さんの母乳の成分と同じ、γリノレン酸をはじめ、免疫を高めるたくさんの栄養素が含まれています。オーストリアから来た、マリアスは、馬のミルクを使ったスキンケアシリーズ。やさしくて、肌に安心して使えます。いい化粧品だなあと思います。
もう一つは、ニュージーランドのトリロジーの超敏感肌用のシリーズ。精油も自慢のローズヒップも使えない程、肌荒れしている人のためのシリーズです。泡洗顔を辞めて、まずはこんな良質なミルク洗顔とクリームに切り替えてみて。肌が安らぎますよ!
女性ホルモンについて、また続きを書きたいと思います。つづく・・・

吉川千明

Yoshikawa Chiaki

このライターのコラムをもっと見る >>

美容家・オーガニックスペシャリスト
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティ、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案している。「ジュリーク ショップ青山」、「白金台ビオ・パスカル」などのサロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持つ。オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。オーガニック&ナチュラルコスメのプレスルーム「ビオ代官山」、働く女性の保健室「さくら治療院」代表。CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー。NPO法人「みんなの漢方」理事。
著書:「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)2013.6月発売など

関連リンク: ビオ代官山

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.