1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 吉川千明
  5. 私は、こんなに人にやさしくできるだろうか?素敵な50代の彼、彼女

私は、こんなに人にやさしくできるだろうか?素敵な50代の彼、彼女

2014年12月25日吉川千明

23日まで、大阪高島屋で1週間イベントをしていました。
帰りがけに、部長のSさんが、大阪弁で「センセ、重くてごめんなさい。」と言いながら、
手渡してくれた大阪のお漬物。年末の混んだ売場の中、彼女じゃなくて、彼は、お漬物をわざわざ買ってもたせてくれました。私も「あら、うれし~。お漬物が食べたかったの~。」
ほんとうに家に帰って味噌汁と家でのご飯が食べたいと思っていましたから、何で気持ちがわかったのでしょうね。

お漬物がたくさん。

帰りの新幹線の中、隣に座る仕事の相棒、斉藤さんに、「斉藤さん、分けてもっていって、、」と話すと、「私の分もいただいています。」と。新幹線の中、包みの外に、うっすらありがたいお漬物の匂いがします。さすがに1週間のイベントの後、家に戻った夜は泥のように眠りましたが、朝、すっきりと起きられたのは、うれしいお漬物のせいかもしれません。
温泉水で炊いたごはんと湯豆腐、それにお漬物で朝ごはん。

仕事ってハードよね。

次、次、と挑んでいるような仕事をしているわたしですが、それでも、こうして和めるのは、彼のような素敵な人たちに出会うからかもしれません。
仕事なのですが、ぶつかり合いながら、ほんとうに心から打ち解けて、信頼して仕事ができるのです。お会いするのは仕事場ですが、仕事を超えた人の付き合いなのです。
この1年、自分の周りの人たちの優しさに気づくことがたくさんありました。
私がばたばたと動いていても、いつも変わらずに見守っていてくれる人たちがいて。
私もそんな大人?(年齢はもう十分大人よね。)
そんな人になれるだろうか。

今日、55歳になりました。

愛犬くるみと。一緒に打合せ中。

更年期の平均年齢は45歳~55歳。
数字上は、更年期もこの1、2年で終わりでしょう。
更年期、ポスト更年期、自分では若いつもりでも、次は老年期に入るのです。
だれでも例外なく、お、な、じ!
人の人生も早いものです。
まだまだと思っているとやり残すこともたくさんでてきます。
やりたいことを遂げるため、夢を遂げるため、新月に自分に手紙を書いたり、目標を決めたり。私もそのようにしています。せっかくの人生だからです。
だからと言って人生を蹴散らしながら、人を蹴散らしながら、生きてよいというものではありません。

今年ももうそろそろおしまいですが、
この1年、改めて、いつもそばにいてくれた人の優しさ、素晴らしさに気づきました。
何が大切って、人を大切に思い行動ができること。
私も彼らのような人生の過ごし方をしなければと切実に思うのです。
人に触れて、折に触れて。
年末年始はゆっくり休みましょう。
疲れをとって心と体をリセットしましょう。
休むこと、それも人にやさしくするための大事なことだから。
皆様、今年も本当にありがとうございました。2015年もよろしくお願い致します。

吉川千明

Yoshikawa Chiaki

このライターのコラムをもっと見る >>

美容家・オーガニックスペシャリスト
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティ、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案している。「ジュリーク ショップ青山」、「白金台ビオ・パスカル」などのサロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持つ。オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。オーガニック&ナチュラルコスメのプレスルーム「ビオ代官山」、働く女性の保健室「さくら治療院」代表。CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー。NPO法人「みんなの漢方」理事。
著書:「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)2013.6月発売など

関連リンク: ビオ代官山

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.