1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. 吉川千明
  5. 2013年秋から冬のビューティ (1)ゴマージュを覚えよう

2013年秋から冬のビューティ (1)ゴマージュを覚えよう

2013年10月24日吉川千明

先週、ヨーロッパから戻ってきました。パリ、ブリュッセル、アムステルダム、どの都市もよかったけれど、やっぱりパリ。なぜかって?それは女性たちが魅力的だったこと。年齢に関係なく・・、いやむしろファッションといい、肌といい、年齢がいった女性たちが素晴らしく美しかったこと。わたしはパリの女性達の醸し出す雰囲気に参ってしまいました。大人の女性にならなければ!そして、自分も含め、艶のある大人の女性達を作りだすのが私たちの仕事.
帰ってきてそうそうですが、2013年秋冬ビューティ、季節ケアのポイントをご紹介します。

ゴマージュを覚えて!夏疲れの名残。化粧水が入らなくなった肌に

トリロジー ジェントルフェイシャルエクスフォリエント 75ml \4.620

紫外線と無関係に思われている肌の一番上、角質層。実はここも厚くなることで紫外線を跳ね返しています。夏の終わりには、厚くなって、乾燥して、固くなった角質層が肌の上にのることになります。いつもの化粧水や美容液が入らなくなるのもそのため。
どんなにいいものに買い替えても無駄。そんな時は、ゴマージュの出番です。
肌を一皮剥くのでピーリングと呼ぶこともありますが、粒々が入り物理的にピーリングすることをゴマージュといったり、スクラブといったりします。

面の一番上を極々やさしく取り除くことで、肌の再生を促せる!

極々やさしいゴマージュで、肌の最上面を取り除くと、肌は焦って新しい肌を生み出します。擦りむいたところにあっという間に新しい肌ができてくるのと同じセオリーです。
ごしごしやって、どっさりと肌を剥くことが目的ではなくて、少しとってあげることで、肌の基底層からの蘇りをよくしようというのです。新陳代謝を促すために行います。
ですので、むしろ、老化が気になりだした肌にこそおすすめです。

大人にお勧めのゴマージュ3種類 ホホバビーズを肌上で転がす

ピールクレンジング50ml\5.900  LLクリームマスク 50ml\8.900

いろいろ使ってみましたが、私のおすすめです。
ドイツのオーガニック、アンネマリーボーリンドのスキンピーリング。
これを使ってから専用マスクでマスクをしますと、引きあがること引きあがること。保湿はもちろん、リフトアップに効果を感じるゴマージュ剤です。
ゴマージュ+マスクを半顔づつやってみて。すごい違いが判るから!

オイルの入ったゴマージュはそれだけでスキンケア

オシエム スキンスムース 150ml\15.750

これも名品。イギリスのブランド。オシエムです。やしの繊維でできた粒々を使っています。タヒチで取れる贅沢なオイルを配合。オイルがベースに含まれていて、決して肌を傷めることがありません。結果の出るアイテムです。
私がさくら治療院で施術するフェイシャルコースでも、くすみ、張りがない人に、よく使います。

あまりに伝統的なハウシュカの名品 肌は艶々に!

そして、ドクターハウシュカのフェイスウオッシュという名の洗顔料。
これは、ウオッシュング剤ですが、私はゴマージュとして使っています。荒れやすい肌にも安心で、お顔全体に、塗りつけて、決して引きずらずに手のひらで吸い付けるように汚れを吸い取ります。これで、完璧なゴマージュ。老化角質ケアになります。

今年はローズがまたも注目!ニールズヤードの隠れた名品

ニールズヤードレメディーズ ローズフェイシャルポリッシュ 100g\5.250

飾り気なし。ストレートに植物療法の良さを伝えてくれる1品。
香りが良くて、ゴマージュしながらリラックス。イギリスのニールズヤードにはソイルアソシエーションというオーガニックの認証マークが付いています。安心もうれしい材料の一つ。

ゴマージュ後は保湿をしっかりと

キャロルプリースト モイスチャリングウォーター(ローズ)100ml\3.990

ゴマージュでしっかりとリセットした肌は、ある意味むき出し。
化粧水とクリームでしっかりとその後の保湿を致しましょう。
しっとり系の化粧水3種をご紹介しましょう。
フィッツの白さのための化粧水とニールズヤードレメディーズのホワイトティーの化粧水。
キャロルプリースのローズの化粧水はNO.1の香りの良さ。
振出しタイプもスプレータイプもお顔に塗ってから、必ず手のひらで抑える。
「お手当!」って、手を当てることが大事。
ゴマージュ、夏から秋冬への、大事な儀式!

吉川千明

Yoshikawa Chiaki

このライターのコラムをもっと見る >>

美容家・オーガニックスペシャリスト
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」という考えのもと、ビューティ、食、漢方、女性医療などナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案している。「ジュリーク ショップ青山」、「白金台ビオ・パスカル」などのサロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を銀座に設立した経験を持つ。オーガニックビューティーの第一人者として、多岐に渡り活躍中。オーガニック&ナチュラルコスメのプレスルーム「ビオ代官山」、働く女性の保健室「さくら治療院」代表。CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー。NPO法人「みんなの漢方」理事。
著書:「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)2013.6月発売など

関連リンク: ビオ代官山

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.