1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. Kirei Style 編集部
  5. 1日5分で嬉しい効果!自宅でできるトランポリンダイエット

1日5分で嬉しい効果!自宅でできるトランポリンダイエット

2019年05月16日Kirei Style 編集部

ダイエットには地道な努力と我慢がつきもの。がんばっているのに効果が出ない時は、続けるのが嫌になってしまいますよね。そんなあなたにおすすめしたいのが「トランポリンダイエット」です。トランポリンダイエットは1日5分から始められて、自宅でできる楽しいダイエット方法。簡単で楽しいので、続けやすいダイエットです。さらに、ダイエット以外にも体に嬉しい効果が期待できます。トランポリンを楽しみながら、健康的なボディーを手に入れましょう!

トランポリンダイエットとは?

トランポリンダイエットは、トランポリンの上で跳んだり、体を動かしたりするだけで、効率よく全身を鍛えることができる手軽なダイエット方法です。まずは、トランポリンダイエットの特徴をご紹介します。

●全身をバランスよく鍛えられる
 トランポリンは遊び道具のイメージが強いかもしれませんが、NASAの宇宙飛行士が地上での訓練に使っている器具の1つでもあります。日本でも、体操の白井健三選手が「ひねり王子」と呼ばれるようになった原点には、トランポリンでの練習があるそうです。トランポリンは遊びからトレーニングまで、幅広い用途のある器具なんですね。
 もちろん、宇宙飛行士や体操選手のように難しい動きをしなくても大丈夫!トランポリンはただ跳ぶだけでも、実はかなりの運動量なのです。
 トランポリンは足元が不安定なので、上手にバランスをとる必要があります。実際に挑戦してみるとよくわかりますが、まっすぐ上に跳ぶ動きを繰り返すだけでも全身を使う運動なのです。トランポリンダイエットを続けると、全身の筋肉がバランスよく鍛えられ、体が引き締まっていきます。

●有酸素運動×筋トレで効果アップ
 ダイエットの効果を高めるには「有酸素運動」と「筋トレ」を上手に組み合わせることが有効だと言われています。
 「有酸素運動」は体内に酸素を取り込みながら行い、脂肪を燃焼させる効果があります。ジョギングやエアロビクスなどがよく知られていますね。
 「筋トレ」は反対に酸素を利用せず、糖質をエネルギーとして行うので「無酸素運動」と呼ばれます。筋トレによって適度な筋肉がつき、基礎代謝が上がると、太りにくく痩せやすい体になります。
 トランポリンダイエットは有酸素運動でありながら、主に下半身の筋肉を鍛える筋トレでもあります。ですから、トランポリンダイエットは効率よく脂肪を燃焼し、痩せやすい体を作ることができるのです。

●自宅でいつでもできる
 トランポリンは大きな体育館やジムに置いてあるイメージがあるかもしれませんが、トランポリンダイエットで使用するのは1人用のトランポリンでOK!1人用トランポリンがあれば、自宅でいつでも行うことができます。
 ウォーキングやジョギングも人気のダイエット方法ですが、雨の日や寒い日に行うのは厳しいですよね。梅雨の時期や冬は特に、何日も行えない日が続くかもしれません。
 天候に問題がなくても、外に出るには着替えや戸締りなどさまざまな準備が必要です。紫外線対策も欠かせませんよね。日焼け止めを塗っても汗で流れてしまうかもしれませんし、紫外線の強い日に屋外で運動するのは避けたいものです。
 1人用トランポリンが自宅にあれば、天候に左右されることも、紫外線を心配する必要もありません。

●トランポリンダイエットのやり方
 トランポリンでの運動は、食後2時間以上あけてから行うようにしてください。見た目以上に全身の筋肉を大きく使う運動なので、しっかり準備運動してからトランポリンに乗りましょう。
 初心者はいきなり難しい跳び方をしようとせず、基本の跳び方から始めてください。まずはトランポリンの中央に立ち、まっすぐ上に跳んで中央に着地する動きを繰り返してみましょう。トランポリンの中央で跳び続けようとするだけでも、バランスをとる必要があるので全身の筋肉を使うことになります。
 慣れてきたら、腕を動かしたり、腰をひねったり、ほかの動きにも挑戦してみてください。YouTubeなどで紹介されている動画を見ながら、一緒に跳んでみましょう。

トランポリンダイエットの嬉しい効果

トランポリンを使った運動はダイエット以外にも、健康面での嬉しい効果が期待できます。ただ痩せるだけではなく、基礎代謝が上がったり、骨盤のゆがみが改善されたりと、健康的なボディーを手に入れることができるかもしれません。

●痩せやすい体になる
 足元が不安定なトランポリンの上でジャンプするには、全身の筋肉を使ってうまくバランスをとる必要があります。トランポリンダイエットを続けると、普段の生活では鍛えることが難しい「インナーマッスル」まで鍛えられるのです。
 全身の外側と内側の筋肉が鍛えられると、血液の循環が活発になり代謝が良くなります。基礎代謝が上がると、運動していない時にもカロリーが消費されるようになるので、太りにくく痩せやすい状態になるのです。

●姿勢が良くなる
 そもそもトランポリンの上でジャンプし続けるためには、正しい姿勢でないとうまくいきません。トランポリンの上で跳び、中央に着地する、という動きを繰り返しているうちに、体は無意識のうちにバランスをとろうとします。その結果、正しい姿勢に改善されていくのです。骨盤のゆがみにも効果があると言われています。

●むくみ・肌荒れ解消
 「むくみ」は血液の循環が悪くなり、体内に老廃物や余計な水分が滞っている状態です。トランポリンでの上下運動により、全身の血液やリンパ液の流れが良くなり、むくみが解消されていきます。老廃物がきちんと流れるようになると、肌荒れの改善も期待できます。

●ストレス発散
 子供の頃にトランポリンで遊んだことがある方は、とても楽しかった思い出があると思います。元気な子供たちは楽しい時、跳びはねてはしゃいでいますよね。跳びはねる動きは、喜びや楽しさを表す動きでもあるのです。
 トランポリンを跳んでいる時に得られる浮遊感や高揚感は、心も弾ませてくれます。トランポリンダイエットは身も心も軽くなれるダイエット方法なのです。

よくある疑問

トランポリンダイエットを始めるにあたって、疑問を抱きやすい点についてご説明します。心配や疑問を解消して、ぜひトランポリンダイエットに挑戦してみてくださいね。

◆すぐに痩せるの?
 新しいダイエットを始める時、本当に効果があるのか、すぐに痩せるのかということが気になると思います。ダイエットの効果には個人差がありますので、はっきり答えることはできませんが、ある程度続ける必要があるのは確かです。
 しかし、どんなダイエットでも効果を得るにはある程度の継続が必要です。どうせ続けるなら、できるだけ効率が良く、短い時間でできて、続けるのが苦ではないダイエット方法がいいですよね。
 トランポリンダイエットは、ジョギングと比べても効率よくカロリーを消費することができます。運動する時間は最初は1日5分からでOK。自宅でできて、跳ぶことを楽しみながら行えばいいので、比較的続けやすいダイエットと言えるでしょう。楽しみながら続けることで、確かな効果が得られるはずです。

◆天井にぶつからないの?
 トランポリンダイエットは「自宅でできる」とご紹介してきましたが、「家の中で跳びはねたら、天井に頭がぶつかるのでは?」と心配な方もいらっしゃると思います。
 一般的な住宅の床から天井までの高さは約240cm。トランポリンダイエットに使用する1人用トランポリンの高さは約20cmのものが多いです。トランポリンの上で思いっきりジャンプしても、跳び上がれる高さは20~30cmほどでしょうか。身長170cmの方が自宅で行っても、天井に頭がぶつかることはないと思います。
 ご自宅の天井が他の家と比べて低いと感じる方や身長が高めの方は、天井の高さを測ってみてください。

◆マンション暮らしでも大丈夫?
 まずは「自宅にトランポリンを置けるのか」が気になる方のためにご説明します。「トランポリン」と聞くと大掛かりなものを想像しがちですが、1人用トランポリンの直径は約1メートル。トランポリンの下に敷くマットはそれより少し大きいものが必要になりますが、120cm四方もあれば十分でしょう。足が取り外せるトランポリンなら、使わない時は壁に立てかけておけば邪魔になりません。
 マンション暮らしの方が気になるのが「振動」と「騒音」だと思います。トランポリンを跳んだ時の振動は、トランポリンの下に衝撃を吸収するマットを敷くことである程度抑えることができます。床の傷防止のためにも、トランポリンと一緒にマットも買うことをおすすめします。
 トランポリンを跳ぶ時の音は、使うトランポリンや跳び方などによって差があります。トランポリンを選ぶ時には、耐荷重や耐久性なども重要ですが、音の静かさを強みとしている商品もあります。騒音が心配な方は静音性を重視してトランポリンを選ぶといいでしょう。

Kirei Style 編集部

Kirei Style Staff

このライターのコラムをもっと見る >>

キレイスタイルは、ライフスタイルの向上に関心の高いアラフォー女性のためのサイトです。
一生美容(スキンケア、食etc)、濃密ライフ(趣味、旅行、恋愛etc)、タフ&スィート女前(知性・資産形成・キャリアetc)、この3つのカテゴリーから、10年後のキレイを磨くための情報を発信・ご提案していきます。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.