1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. Kirei Style 編集部
  5. 眉毛(まゆ毛)美容液の使用感・効果って?

眉毛(まゆ毛)美容液の使用感・効果って?

2019年05月31日Kirei Style 編集部

前回の記事では、眉毛・目元美容液の「JUICY Jolie(ジューシージョリー)」の成分ついて紹介しました!

配合されている成分は、オーガニック成分やボタニカルエキスなどにこだわったものが多く、無添加で余計なものが入っていないから、お肌に優しい美容液でした。

また、眉毛の成長に合わせた美容成分をたっぷり使っているから、トリプルアプローチでハリ・ツヤ・コシのある眉毛へと導くということが分かりました。

私は、ここまでの成分や効能を知り、実際に使ってみたいと思い購入しましたが…
通販での購入であるため、レビューや口コミが知りたい!と思う方も多いのではないかと思い、実際に使用した感想を正直に記事にしてみようと思いました。

そこで、今回は実際に使ってみないとわからない!「JUICY Jolie」の使用感やにおいなどについても詳しく見ていきたいと思います!

写真を付けて、細かくレビューしていきたいと思いますので、
購入する前に商品が気になるな!という方はぜひ、参考にしてみてください!

かわいらしいパッケージ

届いた箱を開けてみると…
手のひらサイズの細長い箱にキャップの長い美容液が入っていました!

本体の大きさは、 11.5㎝× 1.5㎝
メイクポーチにも収まるサイズで、持ち運びにも便利です。

また、この容器はピンクの液体の入った部分を下にして置くと自力で立つことができるので、洗面所や化粧鏡の前に置いても場所をとりませんでした。

ただ、なぜこんなにキャップが長い必要があるのかは謎でした。

とにかく優秀なチップ型

写真のように「JUICY Jolie」のキャップを開けると、その先端は薄ピンクのチップになっていました。

チップは細かい毛がたくさんついていて、その毛の部分にたっぷりと美容液を含ませて容器から取り出すことができたので、眉毛にたっぷりと美容液を付けることができました。

よくあるのが、このチップの部分が少し溝のついたプラスチックである場合です。
確かに、溝がある分そこに美容液がたまり、眉毛に塗ることができるのですが、塗り心地や一度に塗布できる量、眉毛一本一本への付着率などを考えると、「JUICY Jolie」のように細かい毛が360度あるタイプのチップがおすすめです!

また、パッケージのレビューの際に、「なぜこんなにキャップが長い必要があるのかは謎でした。」と紹介しましたが、キャップを開けて美容液を塗ってみて、初めてこのキャップの凄さに気がつきました!

実は、このキャップの長さとだんだん細くなるデザインは、実際に美容液を塗布するときに塗りやすいからだったんです。

の写真のように、キャップの中でも1番太い部分を片手で鉛筆のように持ってみると、細い先端の部分がちょうど人差し指の第三関節(MP関節)の部分にあたり、安定した状態で美容液を塗ることができました。

もし、キャップの先端の部分がもっと短かったら…手で持ってもなかなか安定しないので持ちにくく感じたのではないかと思いました。

また、この安定した持ち方が可能になったことで、眉尻のような比較的細かい場所もペンのように塗ることができました。

続いて、チップの部分を拡大してみると、台形型になっていました。
このチップの形が台形になっていることで、細かい部分にも細いラインで美容液を付けることができました。

こういった細かい毛のついたチップの場合、先端が丸くなっているものが多く、細かい部分に的確に美容液を付けるのが難しいことが多いですよね。

でも、この台形型なら、チップを立てて使ったり、寝かして使ったりすることでラインの太さを自由自在に変えることができます。

眉毛やまつ毛はしっかり育毛したいけれど、瞼や顔などの部分には毛が生えたら困りますよね。

目元や眉という細かい場所だからこそ、この台形型チップは本当におすすめです!

デザインもおしゃれでスタイリッシュですが、何よりもこのチップ付きキャップの機能性にびっくりでした!
毎日使うものだから、使いやすさには妥協したくなかった私もこの優秀さには満足です。

化粧品の気になるニオイ

レビューを書くときに絶対に伝えたいと思ったのが「ニオイ」です。

通信販売などで購入する化粧品って、どうしてもニオイを知ることはできないので、買った後にニオイが苦手だったりすることがあるんです。

特に顔につけるものだと、ニオイを感じやすいので、気になってしまう項目の一つです。

今回購入した「JUICY Jolie」は、公式ホームページに香りの記載が全くありませんでした。
また、8つのフリーということで、合成香料などを使用していないということでしたが、多くのボタニカルな成分を配合していたので甘い香りがするのかなと予想していました。

実際にキャップを開けてみると、特にニオイは感じませんでした。
チップに美容液を付けて、鼻に近づけてみると…
全く甘い香りはしませんでした!

なんと表現したらいいかわかりませんが、鼻を近づけないとわからないくらいのニオイで、少し化粧品っぽい感じのニオイがしました。

見た目の色からイメージすると、甘いフルーティーな香りかと思っていましたが、効果がありそうな化粧品や薬用品らしいニオイがしました。

実際に眉毛に塗ってみましたが、ニオイは気になりませんでした!

眉毛に絡まりつくような使用感

実際に眉毛に塗ってみると、眉毛一本一本に絡まりつくような使用感でした。
眉毛の地肌の部分まで美容液が浸透するのを感じました。

眉毛の美容液だから、地肌まで到達してはお肌に悪いのでは…?と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配はありません!

「JUICY Jolie」は植物の成長と眉毛の育毛に必要な条件が同じことに注目した「トリプルアプローチ」を導入しています。

その「トリプルアプローチ」の基本となるのが、土壌を整えることです。
つまり、眉毛の生える部分の地肌をしっかりとケアするということです。

このケアが、長く太い眉毛を支える第一歩となりますから、眉毛を超えて肌に美容液が付くような感覚が合っても、気にしなくて大丈夫です!

土壌を整えて、健康的な眉毛を育てるんだ!という気持ちで、塗っていきましょう。

ここで、「JUICY Jolie」の使い方について紹介します!

【眉毛のケア】
STEP1.洗顔後、化粧水やクリーム等でお肌を整える
STEP2.眉頭から眉尻にかけて全体的に伸ばしていく
STEP3.浸透しやすいように軽く眉毛をマッサージする

この3STEPで眉毛のケアは完了です!
とっても簡単なので、私は朝と晩の2回に分けてケアをしています。

続いて、まつ毛のケアについても紹介します!

【まつ毛のケア】
STEP1.洗顔後、化粧水やクリーム等でお肌を整える
STEP2.浸透しやすいように軽くまぶたをマッサージする
STEP3.上まつ毛と下まつ毛にムラなく塗ります

この3STEPで眉毛のケアは完了です!
まつ毛の方も、眉毛と同じく1日に2回行っています。

朝は化粧前に行うので、マスカラ下地感覚で使っています。
心なしか、マスカラも塗りやすくなってきているので、この調子で続けていきたいと思います。

手の甲にも塗ってみた

眉毛やまつ毛に使う美容液ですが、中身のジェルの感じが伝わりにくかったので、手の甲に出してみました。

写真のように美容液の色はほぼ透明で、とろみがありジェルのようなテクスチャーでした。

チップで手の甲に乗せてみると、力を入れて塗るのと軽く塗るのでは肌に付着する美容液の量も異なっていました。

眉毛に塗るときには、ラインの太さばかりに注目していましたが、
手の甲に塗ってみたことで塗るときの力加減によっては出る量を調節できることに気が付きました。

しばらくこの美容液を付けたまま放置していましたが、
特にヒリヒリと刺激などを感じることもありませんでした。

直接肌に塗っても、何の違和感もなかったので、眉毛やその地肌に塗っても安心だと思いました。

化粧品が自分の肌に合うのかパッチテストをしてから使ってみたい方は、このように軽く手や腕などに美容液をのせて様子を見てみてもいいかもしれません。

たった1回、手の甲に塗ったからといってすぐに毛が生えてくるわけではないので、パッチテストが終わった後は、ジェルをふき取り、水で洗えば問題ありませんでした。

実際に使ってみて思ったことは、たっぷり使えて、眉の理想のデザインを追求したケアができるということでした。

まだ、私は使い始めてから日が浅いですが…
眉毛の周りにポワポワと生えている程度だった産毛がたくましくなってきたように感じます。

私の場合は眉毛の長さが足りないこととまだらな毛の生え方が気になっていたので、眉毛のケアを継続して長さや生え方ともに健康的な美人眉にしていきたいです。

Kirei Style 編集部

Kirei Style Staff

このライターのコラムをもっと見る >>

キレイスタイルは、ライフスタイルの向上に関心の高いアラフォー女性のためのサイトです。
一生美容(スキンケア、食etc)、濃密ライフ(趣味、旅行、恋愛etc)、タフ&スィート女前(知性・資産形成・キャリアetc)、この3つのカテゴリーから、10年後のキレイを磨くための情報を発信・ご提案していきます。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.