1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. Kirei Style 編集部
  5. うねうね、広がり、巻きがつかない…梅雨の髪悩み必勝法

うねうね、広がり、巻きがつかない…梅雨の髪悩み必勝法

2019年06月12日Kirei Style 編集部

もうすぐやってくる梅雨。女性を憂鬱にさせるのが、髪の毛がまとまらない!という悩み。いつも以上に広がったり、ぺしゃんこになったり、ストレートにして出かけても気付いたらうねうねしてきている…などなど。
猫っ毛でストレートの方は逆にしっかり巻いても、駅に着く頃には巻きが取れて「あれ、寝癖みたい…」と悲しい思いをしたことはありませんか?梅雨の時期は湿気が多いばかりか雨や風に晒されてなかなか思うようにいきません。

今年こそはどうにかしたい!という方のために、もう梅雨の髪の毛にイライラしない!梅雨対策をご紹介します。

雨の日の髪にはどんなことが起きるの?

梅雨だけでなく、雨の日はなんとなくジメジメするし、髪がまとまらなくてヘアスタイルに困ってしまいますよね。みなさんがなんとなく「湿気がすごくて〜」と言っている”湿気”とはどのようなものなのでしょう?

◆湿気とは!
そもそも日本の夏ってジメジメして気持ち悪いですよね。そんな初夏の暑さと雨が重なる梅雨。湿気ってなんでこんなに不快なのでしょうか?
空気というものはその時の温度によって含むことが出来る水分量が変化します。低い温度ではそれほど水分を含まないのですが、温度が高くなると同じ量の空気でも多くの水分を含むようになるのです。
だから、同じ雨の日でも冬と梅雨の時期ではジメジメ感に差があるんですね。「梅雨は湿気が多くて不快!」の原因はここあります。

湿気と戦う!普段からできる対策

湿気が私たちの髪の毛に悪影響を与える原因はわかりましたが、とにかくどうにかして解決したいですよね。今からできる、そして普段からできる、あの手この手と様々な対策方法をお教えします!

◆矯正をかける
そもそも普段の髪のクセにお悩みの方、梅雨の時期はちょうど解決するのにもってこいなタイミングかもしれません。
”縮毛矯正”や”ストレートパーマ”はくせ毛の方が一度は考えたことがあるのではないでしょうか?コストもかかりますが、縮毛矯正をすれば普段のクセ悩みも消えますし、梅雨の時期のうねりや広がりも抑えることができます。

・デメリットもある
しかしデメリットとしては、矯正をかけてしまうと少し不自然な髪の毛になってしまうことと、永続的に矯正がかかる訳ではないということです。縮毛矯正やストレートパーマをかけた人の髪の毛って、なんとなくわかりますよね。まっすぐすぎるというか、サラサラすぎるというか…ふんわりしたヘアアレンジにはあまり向かないかもしれません。
また、どんどんと髪が伸びてくると、途中までは矯正がかかっているのに途中からはくせ毛…という状況にもなりかねません。せっかく矯正をかけても、半年後にはスタイルが崩れてしまうそうなのです。

・解決策!
では、矯正をかけても意味ないの…?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
重要なポイントは”ゆるく矯正をかける”ということです。縮毛矯正やストレートパーマをかけるときに、しっかりかけすぎないように美容師さんに相談しましょう。
また、余裕があれば”矯正をかけ続ける”のも有効です。当たり前かもしれませんが、矯正をかけ続ければ梅雨がすぎても湿気に悩まされることなく生活することができます。

<h4>ヘアケアに力を入れる
先ほど、水分バランスが崩れることによって髪の毛の悩みに繋がるとお話ししましたが、これと真っ向から戦う方法がヘアケアです。
毎日シャンプー、コンディショナー等はしていると思いますが、正しいヘアケア方法でキューティクルを守らなければ意味がありません。徹底的に湿気と戦いましょう。

・こまめなブラッシング
髪が広がってしまう原因は、キューティクルの隙間から余計な水分が入り込んで膨張してしまうことから生まれるうねりによるものです。そのキューティクルを整えてくれるのがブラッシング。こまめにもつれを解消して、水分を均一に行き渡らせキューティクルを整えておきましょう。梅雨の時期は外出先でもこまめなブラッシングをオススメします。

・洗い流さないトリートメント
大事なことは、キューティクルの隙間から余計な水分が入ってくる隙を作らないことです。お風呂から上がったらなるべく早く乾かし、洗い流さないトリートメントでキューティクルを補修しましょう。キューティクルが剥がれ落ちてこないようにすれば、嫌な湿気の水分が入り込んでこなくて済むのです。

・ドライヤー
キューティクルを守るのにもう一つ大事な項目が、ドライヤーです。ガシガシと乾かすのではなく、頭上から毛先に向かってドライヤーを当てて、キューティクルを整えてください、最後に冷風を当てて蓋をすれば完璧です!

◆ヘアアレンジでどうにかならないの?
とは言ってもヘアアレンジでどうにかならないものでしょうか。毎日毎日しっかり対策していても、豪雨には負けてしまうかもしれません。そんな時でも勝てるのは、髪の毛の悩みを気にせずに過ごせるスッキリとしたヘアアレンジ。ピンを使わず3分でできる、こなれ感のあるヘアアレンジをご紹介していきます。

・くるりんぱ
もっとも簡単で素敵に魅せてくれるのがくるりんぱ。具体的なくるりんぱの方法はこちら
①くるりんぱしたいところをゴムでまとめる
②まとめた束の上の部分を2つに分ける
③まとめてある毛束を下から穴に通す
④根元を引っ張って調整する
毛束を穴に通しただけなのに、細かいヘアアレンジをしたように見えるのがくるりんぱのいいところ。オススメは、2回ほどくるりんぱをしたらそれを襟足あたりでまとめて、リボンなどがついた髪ゴムで結ぶ方法。湿気を含んでもヨレてこないですし、ピンを使わないのでお直しも少なくて済むのが嬉しいですよね。

・三つ編み
これも簡単な三つ編み。子供の頃はよく三つ編みにしていたけど、大人には似合わなそうだなあ…と思っている方、ロングならば1本の三つ編みにするのがオススメです。サイドで2つの三つ編みを作ってしまうと少し子供っぽい印象を与えてしまいますが、1本ならエレガントにまとめてくれます。
また、三つ編みはくせ毛であればあるほど魅力的なアレンジが可能です。多少クセがついていたり、傷んでいた方がふわふわした三つ編みが完成するので、いわゆる”お下げ髪”のような状態にはならないからです。
オススメの三つ編み方法は、髪を全てサイドに持ってきてゆるく三つ編みをし、最後まで編んだら髪ゴムで留め、編んだ部分を少し崩していくアレンジ。こなれ感も出ますし、湿気で崩れてもわかりづらいのでとても楽に過ごせます。

・ハーフアップ
ミディアムやショートの方にオススメなのがハーフアップです。これは、くせ毛の方にもストレートの方にもオススメ。朝の時短にもなります!
やり方は、髪の上半分をまとめて持ち上げて、髪ゴムでくるんとお団子にするだけ。ピンも不要ですし、とても簡単にできます。
時間に余裕がある方は余った髪の毛先を外ハネにすると寝癖なんかも誤魔化すことができます。とにかく手っ取り早くクセを隠したい!という方にオススメのアレンジです。

巻き髪を持続させたい!

くせ毛も多くの人を悩ませていますが、ストレートすぎてヘアアレンジが効かない…というお悩みの方もいらっしゃいますよね?せっかく早起きしてコテで巻いたのに、会社についた頃にはストレートになっていたり、前髪がぺしゃんこになっていては1日気分が上がりませんよね。
そんな方は朝のヘアアレンジに一工夫加えてこの梅雨を乗り切りましょう!

◆決定版。もちを良くする巻き方!◆
しっかり巻きをもたせたいんだ!というあなたに巻き髪キープの手順をお伝えします。

①髪を巻く前に、カール用のスタイリング剤をつけます。巻き髪キープにも効果的ですし、髪を傷ませないためにも大事な手順です。髪全体にしっかりかけたら、手でなじませなしょう。
②スタイリング剤をつけた後、すぐにコテを当ててはいけません。湿ったままの髪には巻きがつき辛くなってしまいます。しっかり乾かし、ブラッシングやブローをして綺麗に整えましょう。
③コテを使って巻く際ですが、先にブロッキングをしておくのがオススメです。巻き残しも無くなりますし、1回に多くの毛量を巻こうとしても、あまり巻きがつきません。上下左右対称に、最低でも4つに分けてまとめておくのがオススメです。
④ブロッキングができたら、1束ずつ素早く巻いていきましょう。170〜180度の熱さが一般的ですが、10秒以上当てると髪に傷みが出やすくなります。素早く、細かく巻いてください。
⑤巻く際のポイントですが、1度全体をコテで滑らせてから、中間を起点に巻きましょう。全体が温まってからの方が巻きがつきやすいですし、毛先から巻いてしまうと毛先だけの巻きになってしまうことがあり、あまり綺麗なアレンジができません。
⑥巻き終わったら、しっかり髪を冷ましましょう。髪の毛は、冷めるときに形状記憶されます。巻いたらすぐほぐすのではなく、冷めてから全体を整えましょう!

まとめ

毎年憂鬱だった梅雨ですが、今年はしっかり対策して乗り越えられそうでしょうか?
髪の毛がまとまるかどうかは女性にとって死活問題ですよね。根っからケアするもよし、ヘアアレンジで手っ取り早く対策するのもよし、手順を踏んで巻くのもよしです。今年は万全の梅雨対策で髪の毛の悩みとサヨナラしましょう!



※参考URL
・エネチェンジ
https://enechange.jp/articles/tsuyu-moisture-measures

・ぎしろく
https://kazukikishi.com/archives/7762

・EPARK
https://beauty.epark.jp/hair/article/bc-1/mc-4/sc-13/writing-002116/

・マイナビウーマン
https://woman.mynavi.jp/article/170630-30/

Kirei Style 編集部

Kirei Style Staff

このライターのコラムをもっと見る >>

キレイスタイルは、ライフスタイルの向上に関心の高いアラフォー女性のためのサイトです。
一生美容(スキンケア、食etc)、濃密ライフ(趣味、旅行、恋愛etc)、タフ&スィート女前(知性・資産形成・キャリアetc)、この3つのカテゴリーから、10年後のキレイを磨くための情報を発信・ご提案していきます。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.