1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. Kirei Style 編集部
  5. 疲れたときはこれ!あなたにピッタリな癒され方法をご紹介

疲れたときはこれ!あなたにピッタリな癒され方法をご紹介

2019年06月13日Kirei Style 編集部

毎日毎日仕事や人間関係、家族とのやりとりで余裕のない日々…若い頃は「癒しとか必要?」と思っていたのに今となっては無意識に「癒しが欲しい…」と呟いてしまっていはいませんか?毎日考えることばかりでは大変ですし、爆発しないためにも大人の女性にとって精神のガス抜きはとても大切です。
今回は、そんな悲鳴をあげている女性たちのために、”こんな時は癒されましょう!”という提案から、オススメの癒され方法をいくつかご紹介いたします!

女性が癒されたい時って?

なんとなく癒されたいなあと思うことはあっても、忙しくてそのままにしてしまう事はありませんか?そのまま放っておくといつか爆発してしまうかもしれません。
まず最初に、女性が癒しを求めるケース、癒しが必要な場合をいくつか見ていきましょう。

◆落ち込んでいる時
理由は様々ですが、癒しを求める際の感情に多いのが落ち込んでいる時。会社で何か失敗をして怒られてしまったり、友達や恋人と喧嘩してしまったり、子どもとうまくコミュニケーションが取れなかったり…。特に、”自分は頑張っているのに”という気持ちは知らず知らずのうちに自分の心を苦しめている場合があります。”自分は頑張っているのに、うまくいかない…”こんなジレンマで無意識にも落ち込んでしまうことも多々あります。
恋愛で言えば、自分は頑張ったはずなのに失恋してしまった、フラれてしまった、と泣きたい気持ちになることもあるでしょう。女性の方が感情が豊かなので悲しいときは”悲しい!”と振り切れてしまうのですね。
こんな時自分自身では整理を付けきれない分、何かに癒しを求める女性が多いそうです。

◆疲れた時
精神的にも身体的にも、疲れを感じた時には癒しが欲しくなりますよね。自分ではどうにもできない会社内での出来事や人間関係の揉め事に巻き込まれることも、ある程度社会で生きていれば避けられないことかもしれません。
また、家事などをしっかりこなしながら子育てをして、仕事もしてと複数のことを同時進行させなければならない女性には気付かないうちに身体的疲労が増大していきます。
起床時に身体が痛かったり、普段の生活にだるさを感じる方は要注意。ある程度頑張ることも大切ですが、無理が祟って体調や精神状態を崩してしまうことの無いよう、適度に癒される機会を作ってくださいね。

◆ストレスが溜まった時
人によってストレスを意識的に感じる程度は違ってきます。しかし、どんな人であれ毎日生活をしていれば少なからずストレスは溜まるものです。
ストレスを感じにくい人も、実は”我慢”が蓄積されていることに気付いていないだけ、という可能性もあります。
最近では、SNSによるストレスも珍しいことではなくなりました。自分が発信したものに対しての反応が気になる、傷つくことを言われた、仲間外れにされた…などなど。友達が充実した日々を投稿している様子を見て嫉妬をすることもあるかもしれません。それらは、無意識的に私たちのストレスとして蓄積されていきます。SNSを見て癒されているかと思いきや、ストレスの根源となってしまうケースもあるのです。癒しとストレスを混在させないよう、うまく折り合いをつけていくことが大切ですね。

◆寂しい時
寂しさから癒しを求めるパターン、これも多いですよね。アラフォーに差し掛かり、友達とも若い時ほど会えないかもしれません。更に独身で彼氏もいない…となると寂しくもなります。彼氏や旦那さんがいる場合でも、ふとした瞬間に寂しさを感じることもあります。実際はそんな事はなくても、「自分は孤独なのでは…」と一度考えてしまうと中々抜け出せなくなってしまうのではないでしょうか。いくら孤独では無いと思っても、寂しい時ほどどんどんドツボにはまっていってしまうものです。
時が解決することもありますが、寂しさのあまり思い悩んでしまう前に、自分の寂しさを埋めてくれる癒しを見つけておきましょう。

癒しを得る方法!日常編

「私には癒しが必要みたい…」そう思ったらすぐに実践できる癒され方法を試して見ましょう!まずは日常に取り込む事が出来る手軽な癒しをご紹介していきます。

◆お風呂タイムを充実させる
毎日時間がなくてシャワーで済ませてしまっている、という人も少しだけ時間を使って入浴してみてください。いい香りのする入浴剤や、可愛い色のバスボムなど自分のテンションが上がるものを使用するのも良いですし、お気に入りの音楽を流しながらの入浴も癒し効果バツグンです。
普段時間がなくて読めていなかった本や雑誌を持ち込んで読むのも有意義ですよね。できれば、スマートフォンなどインターネットに触れるものは持ち込まずにゆったりした時間を過ごしましょう。

◆アロマに頼る
人の癒しにおいて、”香り”はとても重要な働きをしてくれます。一般にリラックス効果が期待できると言われているラベンダーの香りでも良いですし、自分が嗅いでいて一番落ち着く香りのアロマキャンドルやお香、アロマオイルを部屋で炊いてみましょう。就寝する前に炊いておくと、よりリラックス効果が得られるそうです。
思い切ってアロマポットを買ってみてはいかがでしょうか。

◆とにかく寝る
睡眠は精神的な癒しにも、身体的な癒しにもなり得ます。普段、多忙過ぎて眠れていない人は、休日には敢えて睡眠時間を多く確保してみてください。
極端な話ですが、夜に悶々と考えていたことも一晩寝て朝日を浴びれば「あれ?なんであんなことで悩んでいたんだっけ」と思うこともしばしばあるのではないでしょうか。
そのくらい睡眠はとても大切なものです。癒しが欲しいなと思った日は、無理矢理考えることを止めて早めにベッドに入りましょう。

◆体を動かす
オフィスなどでずっと座っていたり、育児に忙しくて家に閉じこもっていたりする方は、そんなに動いていないはずなのに疲労を感じる事が多いのではないでしょうか。
普段あまり運動をしない方におすすめな癒しが”体を動かす”という手段です。ペットと一緒に散歩に出たり、少しジョギングをする程度でも効果を得られます。
家から出られない人は自宅でストレッチをしたり、お風呂上がりにヨガに挑戦したりするのも立派な運動になります。本当に些細な動きからでも良いので、ユーチューブなどを参考に少しずつ体を動かしてみましょう。

癒しを得る方法!外出編

手軽に癒しを感じる方法をご紹介してきましたが、ここからはちょっと足を伸ばして癒しを感じる方法をご紹介していきます!

◆動物に触れる
女性にとっての癒しと言えば、”イケメンを見るより動物をみた方が良い”という話を聞いた事があります。実際、動物好きな人はもちろん、そうでない人も動物園に足を運んでみると思いがけず癒しを感じる事ができるかもしれません。
動物園に限らず、水族館も独特の雰囲気に癒されます。少し暗いところに癒しを感じる…という方には特にオススメのスポットです。
また、一番手軽なのが猫カフェなどの動物と触れ合う事ができるカフェです。今はハリネズミやフクロウ、カワウソなど様々な動物に会えるカフェが増えています。お気に入りのカフェを見つけて、触れ合っているうちに心も暖かくなってきますよ。

◆自然に触れる
日々人混みに揉まれていると、自然に触れたくなることはありませんか?
都会にいるとあまり感じたことのない木々の匂いや、海の音はきっと心の癒しになるはずです。あまり大げさな旅行となると気がひけるかもしれませんが、実は都内にも自然に触れる事ができるスポットがいくつかあります。
近所に河川敷や海がある人は何も考えず一人で訪れてみてください。自然の雄大さに癒されたり、自分の悩みがちっぽけに感じてきたりします。
1度見つけたら、「悩んだらここに来よう!」と選択肢として確保しておくと心に余裕ができるはずです。

◆旅行に行く
時間やお金が許される場合は、思い切って旅行に行ってみましょう。ストレスの溜まらない友人と行くか、ひとり旅もオススメです。余裕があれば海外に行っても良いですし、国内ひとり旅も癒し効果を得るのにはもってこいです。
また、特に行き先を決めず電車に乗り続けてみるのも面白いですよ。気になった駅で降りて、自由気ままに過ごしましょう。たまには誰も自分のことを知らない土地に踏み入れて、心や脳をリセットさせてみると余計な悩みも消えるかもしれません。

まとめ

自分にピッタリな癒しは見つかったでしょうか?
女性は様々なタイミングで癒しを求めるようですが、「癒されたい〜」という気持ちは心や身体が出すSOS信号のようなものです。疲れたな、寂しいな、と感じたときは無理をせず、少しでも自分のための時間を捻出して積極的に癒されていきましょう。


※参考URL
・KIRARI
https://kirari-media.net/posts/4234

・マイナビウーマン
https://woman.mynavi.jp/article/140509-129/2/

Kirei Style 編集部

Kirei Style Staff

このライターのコラムをもっと見る >>

キレイスタイルは、ライフスタイルの向上に関心の高いアラフォー女性のためのサイトです。
一生美容(スキンケア、食etc)、濃密ライフ(趣味、旅行、恋愛etc)、タフ&スィート女前(知性・資産形成・キャリアetc)、この3つのカテゴリーから、10年後のキレイを磨くための情報を発信・ご提案していきます。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.