1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. Kirei Style 編集部
  5. レーザー脱毛vsエステ脱毛vs家庭用脱毛器 一番効くのは?

レーザー脱毛vsエステ脱毛vs家庭用脱毛器 一番効くのは?

2019年06月19日Kirei Style 編集部

夏というと気になるのが「ムダ毛」。
今までは洋服で覆っていたムダ毛も、夏はごまかしがききません。
でも、毎回剃ったり抜いたりするのって本当に面倒ですよね…。

そんな方にオススメなのが、レーザーや光を使った脱毛。
繰り返し施術を受けることで、毛そのものが少なくなったり、薄くなったりします。
ムダ毛処理のわずらわしさから解放されるなんて、考えただけで魅力的ですよね。

とはいえ、クリニックで受ければいいのか、エステで受ければいいのか、はたまた家庭用の光脱毛器を使えばいいのか…。
最近はいろいろな選択肢がある分、迷ってしまいますよね。

まずは「レーザー脱毛」「エステ脱毛」「家庭用光脱毛」それぞれのメリットとデメリットを知ることが大事。
今回は、各脱毛法について具体的に解説していきたいと思います。

レーザー脱毛やエステ脱毛で毛が薄くなる?

カミソリや除毛クリームなどでの自己処理は、あくまでも「一時的」なもの。
処理してもまたすぐ生えてくるので、そのたびに処理しなくてはなりません。

一方、レーザー脱毛やエステ脱毛は、通うごとに毛が薄くなっていくのが特徴。
続けることで、ムダ毛処理からの解放を目指すことができます。

とはいえ、レーザー脱毛、エステ脱毛、家庭用脱毛のどれを選ぶかで、施術の回数も仕上がりも変わってきてしまいます。
それぞれの違いはなんなのでしょうか?
また、どれが一番効果的なのでしょうか?

(1) レーザー脱毛

ひと昔前と比べ、価格も手が届きやすくなった「レーザー脱毛」。
専用のクリニックも増え、定期的に通っている女性も多いのではないでしょうか。
もはや脱毛の定番となりましたね。

レーザー脱毛は、毛を根本的に「少なくする」ことを目的とした施術。
黒い色に反応するというレーザーの特性を生かし、毛根にダメージを与えるという脱毛法です。医療機関でのみ受けることができます。

何回も通うことで、毛がどんどん少なくなっていくので、カミソリによる自己処理をしなくても良くなります。

筆者は昔からムダ毛のことでよく悩んでいたので、レーザー脱毛に通い始めてだんだんと毛が薄くなってゆくのが本当に感動でした。

昔はカミソリで処理をしないと見せられたものではありませんでしたが、現在はいつどのタイミングでも脚を見せることができるのは嬉しい限りです。

とはいえ、もちろんそんなレーザー脱毛にもデメリットはあります。

レーザーをお肌にあてて毛根にダメージを与える脱毛法のため、痛みは伴います。
イメージで言うと、お肌を輪ゴムでパチンとはじかれているような感覚。
機種や出力の数値によっても異なりますが、我慢できない痛みではありません。
どうしても痛い場合は出力を下げてもらったり麻酔クリームを塗ってもらうこともできるので、過度に心配することはないでしょう。

また、ツルツルにしたい場合は何回も通う必要があります。
部位にもよりますが、女性の場合、約10回ほど照射することでボディ脱毛はほぼ完了すると言われています。
とはいえ、回数を重ねるごとに薄くなっていくため、10回照射しなくても満足できる程度になったらやめることもできます。

レーザーをあてる脱毛法なので、少しの間ダウンタイムがあります。
多少お肌に赤みが出る可能性があるのと、レーザーを当てたムダ毛はチリチリになっているので、1~2週間かけて自然に抜け落ちるまで少し目立つこともあります。

とはいえ、ムダ毛で悩んでいる方はぜひ検討して頂きたい脱毛法の一つです。

ちなみに、「永久脱毛」を謳うことが認められているのは、レーザー脱毛のみ。
エステ脱毛や家庭用脱毛器では「永久脱毛」をすることはできません。

(2) エステ脱毛

医療機関で受けることができるレーザー脱毛とよく比較されるのが「エステ脱毛」。
別名「光脱毛」「フラッシュ脱毛」などとも呼ばれます。
CMや電車の広告もよく見かけるため、通っている女性も多いかもしれませんね。

レーザー脱毛とエステ脱毛の大きな違いは、使用している脱毛機器が異なること。
医療機関の場合は国の許可により強力なレーザー機器を使うことができますが、エステ機関は認められていません。そのため、パワーの弱い「光脱毛」を使って施術を行います。

そのため、レーザー脱毛と比べて痛みが弱いのが特徴。
「レーザー脱毛を試してみたけど痛みに耐えられなかった」という方にはエステ脱毛がオススメです。

また、エステ脱毛は、レーザー脱毛より1回あたりの施術料金が安い場合が多いです。

とはいえ、レーザー脱毛よりパワーが弱い分、脱毛効果は比較的弱め。
レーザー脱毛の場合は約10回で脱毛が完了すると述べましたが、エステ脱毛の場合は完了まで20回は通うことになると思った方がいいでしょう。
(※もちろん個人差はあります。)

つまり、1回あたりの施術料金はエステ脱毛のほうが安いかもしれませんが、回数通わなくてはいけないことを考えると、結果的にレーザー脱毛より高くついてしまう可能性も考えられるのです。

さらに、レーザー脱毛とは異なり施術に資格が必要ないため、肌トラブル等のリスクがあることも予め念頭に置いておくべきでしょう。

「痛みに弱いからレーザー脱毛を受けられない」という方には向いているかもしれませんが、「毛を確実になくしたい」という方はレーザー脱毛を選んだほうが賢明です。

(3) セルフ脱毛(家庭用光脱毛器)

「毛を減らしたいけど他人に施術されるのは恥ずかしい…」という女性に朗報なのが「セルフ脱毛」です。

セルフ脱毛とは、その名の通り、「自分で行う脱毛」のことです。
近年はエステと同じ光脱毛の機能を搭載した家庭用脱毛器が販売されています。
こういったものを利用すれば、家庭にいながら自分で光脱毛をすることができるのです。

セルフ脱毛の一番のメリットは「エステやクリニックに出向かなくていいこと」。
「わざわざ脱毛のために外出するのが億劫…」という方や、
「他人に施術されるのが恥ずかしい…」という女性に向いているかもしれません。

とはいえ、あくまでも家庭用脱毛器なので、そのパワーはエステ脱毛と比較しても弱めです。
毛が太い女性、毛が多い女性はなかなか効果が見えづらいかもしれません。

また、セルフ脱毛のメリットは「自分で打つことができる」ということですが、それはデメリットでもあります。

なんてったって、自分で全身に照射するのはなかなか大変なものです。
よっぽど根気強い方でないと、三日坊主になってしまう可能性だってあります。

エステやクリニックのような冷却装備もないため、熱さや痛みも感じやすくなりますし、背中やお尻など手が届きづらい箇所を自分で施術するのは至難の業です。

「自分の好きな時に好きな場所で照射できる」という点は大きなメリットですが、上述したようなデメリットがあることも念頭に置いた方が良いかもしれません。

最近はセルフ脱毛が体験できる「セルフ脱毛サロン」というものもあります。
脱毛機器を時間単位でレンタルすることができるサロンのことです。
家庭用脱毛器の購入に踏み切る前に、まずはそういったサロンでセルフ脱毛を体験してみるのも良いでしょう。

まとめ

さて、今回は3つのムダ毛処理法についてご紹介しました。

レーザー脱毛、エステ脱毛、セルフ脱毛。
それぞれのメリットとデメリットがお分かり頂けましたでしょうか?

ご自身の状況に合わせてぴったりの処理方法をお選び頂くのがなによりですが、
ムダ毛の悩みを「根本的に改善したい」という方は、やはりお医者様の力を借りてレーザー脱毛を受けることをおすすめします。

ムダ毛の悩みは女性にとって大きなテーマですよね。
毎回のムダ毛処理が面倒くさい…という方は、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

Kirei Style 編集部

Kirei Style Staff

このライターのコラムをもっと見る >>

キレイスタイルは、ライフスタイルの向上に関心の高いアラフォー女性のためのサイトです。
一生美容(スキンケア、食etc)、濃密ライフ(趣味、旅行、恋愛etc)、タフ&スィート女前(知性・資産形成・キャリアetc)、この3つのカテゴリーから、10年後のキレイを磨くための情報を発信・ご提案していきます。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.