1. 美容情報トップ
  2. アラフォー総研
  3. コラム
  4. Kirei Style 編集部
  5. 飲むだけで紫外線対策~今話題の「日焼け止めサプリ」とは

飲むだけで紫外線対策~今話題の「日焼け止めサプリ」とは

2019年07月23日Kirei Style 編集部

日差しが肌に照り付ける暑い季節がやってきましたね。
こんな季節に忘れてはいけないのが「紫外線対策」。
毎日欠かさず日焼け止めは塗れていますか?

ちゃんと毎日日焼け止め塗っている方にも、そうでない方にもおすすめしたいが「日焼け止めサプリ」。
最近ブームになってきた日焼け止めサプリ、ご存知ですか?

実は、飲むことで体内から日焼け対策ができてしまう優れモノなのです。
日焼け止めを塗るのはもちろん大事ですが、サプリも用いれば鬼に金棒。

本日はそんな「飲む日焼け止め」の魅力をご紹介していきます。

塗る日焼け止めじゃ紫外線を防ぎきれない?

美白にこだわりがある女性が毎日欠かさない「日焼け止め」ですが、実は日焼け止めを塗っていても紫外線は防ぎきることはできません。

もちろん、しっかりと日焼け止めを塗ることで、塗らないよりはかなり紫外線をガードしてくれるのですが、それでも100%ではありません。
日焼け止めがパーフェクトでない理由は、大きく分けて3つあります。

まず一つ目として、日焼け止めは「時間が経つと落ちてしまう」ことがあげられます。特にジメジメとした暑い夏は、汗も吹き出しますし、湿気でせっかく塗った日焼け止めが取れてしまいがち。
いくらウォータープルーフといっても完全ではなく、やはり気温、汗、皮脂、湿気などのさまざまな要因で多かれ少なかれ落ちてしまうのです。
そのなかでも特に気を付けるべきは、「物理的」な要因。
せっかく日焼け止めをしっかり塗ったとしても、手で顔をこすったり、ハンカチで汗を拭いたりするだけで日焼け止めはいとも簡単にとれてしまうのです。

二つ目として、「塗りムラがでやすい」ことが挙げられます。
日焼け止めを完璧に塗っているつもりでも、塗り残しなく均一に塗れている方は少数。
そもそも、日焼け止めの適量は顔で500円玉大と言われているのですが、この量をしっかり塗れている人はほとんどいないそうです。
つまり、紫外線を防御するのには不十分な量だということ。
さらに、「ミクロレベルの塗り残し」もあります。こればかりは人間の目で確認できませんが、しっかり塗ったつもりでも、顕微鏡で細かく見るとミクロサイズの塗れていない部分が残っているんだそう。
そのようなミクロレベルの隙間に紫外線が当たり、シミなどの原因となってしまいます。

三つ目として、「時間が経つにつれ効果が落ちる」ということ。
日焼け止めの種類にもよりますが、紫外線にあたると、日焼け止め成分は化学変化を起こし、徐々に効力を失っていきます。
そのため、朝完璧に塗ったとしても、夕方頃には無意味なものになってしまう可能性も。
よく「塗り直しが必要」と言われるのには、そういった理由があったのですね。

このようなさまざまな要因から、「塗る日焼け止めだけでは不十分」だということが言えます。

飲む日焼け止めってなに?

そこで登場するのが「飲む日焼け止め」こと「日焼け止めサプリ」です。

数年前から話題になりはじめたアイテムで、「体内から紫外線対策をしてくれる」ということで大人気になっています。

それでは一体、日焼け止めサプリとはどのようなものなのでしょうか?

日焼け止めサプリとは、シダやシトラス、ローズマリーなどの植物から抽出されたサプリで、朝飲んでおくと「長時間紫外線をブロックしてくれる」という優れモノ。

紫外線を浴びると「活性酸素」というものが体内で発生し、それが原因でシミやシワが引き起こされてしまうのですが、日焼け止めサプリに含まれる植物エキスはその活性酸素をコントロール。
お肌が炎症を起こしてしまうのを未然に防いでくれるので、シミやシワができにくくなると言われているのです。

「毎日日焼け止めは塗っているけど、塗り残しが心配」
「お化粧してるから時間が経っても塗りなおせない」
「塗る日焼け止めのだけじゃ心もとない」
「全身まるごと日焼け止め対策したい」

といった方に、ぴったりのアイテムです。

日焼け止めサプリの嬉しい点は、飲み続けるほどに効果が増していくということ。
サプリメントなので、継続することで実感できるアイテムなのです。

飲む日焼け止めの相場はいくら?

さて、そんな夏の救世主とも言える日焼け止めサプリですが、短所といえばなんと言ってもその「お値段」。

商品にもよりますが、だいたい1か月分で6000円~8000円ほど。
安いか高いかは捉え方によっても異なるかもしれません。
しかし、塗るタイプの日焼け止めが500~3000円ほどで購入でき、約1~2か月ほどもつということを考えると、約1か月分で6000円~8000円する日焼け止めサプリかなり贅沢品と言えるでしょう。

しかし、
「いくらかかったとしても美白にこだわりたい」
「絶対に焼きたくない」
という方には日焼け止めサプリがオススメかもしれません。

飲む日焼け止めをお安く購入したいなら「輸入」

1か月分のサプリメントに6000~8000円も出すのは難しい・・・。
だけど「日焼け止めサプリを試してみたい」という方は、サプリ大国であるアメリカから取り寄せるのがオススメ。

アメリカは「サプリメント先進国」と言われているくらい、サプリメントの面ではかなり進んでいます。

アメリカは日本と比較し、治療費がべらぼうに高いため、「予防」に対しての意識がとても高い傾向があります。

そのため、良質なサプリメントを低価格で購入することができるのです。

日本人にもオススメなのは”iherb”と呼ばれるサプリ通販サイト。

https://jp.iherb.com/

言語設定で日本語を選べばサプリの説明や案内が日本語で表示されるため、迷ってしまうこともありません。

アメリカで流通している日焼け対策のサプリとして有名なのは「PABA」と呼ばれるもの。
これは、穀物、卵、魚、牛乳などにも含まれる成分で、細胞の酸化ストレスを軽減するため、紫外線対策に効果的だと言われています。

お値段も1か月分で1000円を下回るリーズナブルさなので、「日本の日焼け止めサプリは高すぎて手が出せない…」という方は試してみるのも良いかもしれません。

興味がある方は、ぜひ調べてみてください。

飲む日焼け止めを飲んでいれば塗る日焼け止めは必要ない?

よくある勘違いが「飲む日焼け止めがあれば塗る日焼け止めは必要ないんでしょ?」というもの。

残念ながら、これは間違いです。

飲む日焼け止めは、あくまでも塗る日焼け止めの効果をサポートするためのもの。
日焼け止めサプリを飲んでいるからと言って、塗る日焼け止めをやめてしまったらお肌は無防備な状態になってしまいます。

「飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの併用」
それがパーフェクトな美白の鉄則です。

「美白サプリ」も使えば完璧?

さて、日焼け止めサプリと似たものとして「美白サプリ」があります。

日焼け止めサプリは、紫外線によるダメージを「防御する」という要素が強いですが、
美白サプリは、「肌の状態を整え、シミやそばかすを防ぐ」というイメージ。

よくあげられるものとしては、「ビタミンC」「ビタミンE」「プラセンタ」「アスタキサンチン」などのサプリメントがあります。

こういったものが配合されている美白サプリを飲むことで肌の土台が整えられるため、メラニンの生成を防ぎ、紫外線を受けてもシミやそばかすができづらくなる、ということです。
栄養を与えて丈夫なお肌をキープする、というイメージがわかりやすいかもしれません。

おすすめは「日焼け止めサプリ」と「美白サプリ」の併用。
お肌を「ガード」しつつ、かつお肌の土壌を「整える」ことで、透明感のある白肌を保つことができるのです。

まとめ

さて、今回は「日焼け止めサプリ」についてご紹介しました。
「聞いたことはあったけど、どんなものなんか良く知らなかった…」
という方も多いのではないでしょうか?

日焼け止めサプリは紫外線対策を手助けしてくれる優れたアイテム。
塗る日焼け止めはもちろん必要ですが、飲む日焼け止めを併用することで、より透明感のあるお肌がキープしやすくなるのです。

夏はこれからが本番。
万全の対策を行って、紫外線に負けない、透き通るような美肌を手に入れましょう。

<参考URL>
・ニコニコニュース https://news.nicovideo.jp/watch/nw4840412
・iherb  https://jp.iherb.com/
・SORESEKA  https://soreseka.com/nomuhiyakedome/

Kirei Style 編集部

Kirei Style Staff

このライターのコラムをもっと見る >>

キレイスタイルは、ライフスタイルの向上に関心の高いアラフォー女性のためのサイトです。
一生美容(スキンケア、食etc)、濃密ライフ(趣味、旅行、恋愛etc)、タフ&スィート女前(知性・資産形成・キャリアetc)、この3つのカテゴリーから、10年後のキレイを磨くための情報を発信・ご提案していきます。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.