1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. エレガンスの極意
  4. 極楽ティータイム
  5. 杉浦薫の記事1
杉浦薫
杉浦薫
日本紅茶協会認定ティーインストラクター
詳細を見る

Lesson1暮らしを変えた「紅茶」と「中国茶」との出合い

日本紅茶協会認定のティーインストラクターであり、
本場中国では中国茶を勉強し、国家資格をも所有する杉浦さん。
そんな “お茶のエキスパート”による、
ティータイムを楽しむための連載がスタート!

知れば知るほど好きになる! 奥深き“お茶の世界”

 みなさん、すてきなティータイムを楽しんでいらっしゃいますか? 日々の生活の中で何気なく過ごすティータイムもあれば、大切な人と特別な場所で過ごすティータイムもあります。紅茶や中国茶と、それに合うお菓子をいただくだけでリラックスできて、幸せな気持ちになりますが、ほんの少し手間をかけると、すてきなおもてなしにも変身します。 現在、私は紅茶と中国茶のサロン「salon de thé…SARA~茶楽~」を主宰し、英国紅茶や中国茶、それに合うティーフーズをご用意し、お茶とフーズのマリアージュをご提案しています。

 そもそも、私が紅茶に興味を持つようになったきっかけは、OL時代に、イギリスにショートステイでフラワーアレンジメントを習いに行った時のこと。その時に飲んだ「ミルクティー」に衝撃を受け、濃くいれてミルクをたっぷり加えていただく・・・そのスタイルと紅茶のおいしさに開眼。帰国後は、さらに深く学ぶため紅茶教室の受講をスタートしました。その後、夫の上海赴任で上海へ。その時に飲んだ「鉄観音」があまりにおいしくて、またまたびっくり! 喉を通った後に、甘さが戻ってくる!!!(これを中国語では、「回甘(ホイガン)」と言います)。瞬く間に中国茶のトリコになりました。「紅茶も中国茶も、きちんといれるとなんておいしいんだろう。今まで口にしていたお茶は、いったい何だったんだろう」・・・この感動を一人でも多くの人と共有したいとサロンを開講することに。上海から帰国後、サロンをオープンして4年目、紅茶や中国茶への情熱と探求心はおとろえることなく、毎年、中国、台湾、スリランカなど、極上紅茶と中国茶をめぐる旅にも出かけています。

季節やテーマに合わせた紅茶のレッスン。紅茶に合うティーフーズや、時にはお酒も用意。
中国茶のレッスンでは本格的な茶器も登場。こちらは、お気に入りの景徳鎮の薄~い蓋碗。
世界三大紅茶の一つ、祁門(キーマン)紅茶の工場。手作業でサイズ分けしているところ。

標高2000m以上、スリランカのヌワラエリアの茶園で。丁寧に作られた紅茶はやっぱりおいしい。
海抜2500メートル前後の台湾・福寿山は、高地で生産される極上烏龍茶が有名。
中国・雲南省の鳳慶県にある樹齢3200年の「鳳慶香竹青古茶樹」を訪ねて。

 紅茶、緑茶、ウーロン茶は、実は同じ「茶樹」(学名:カメリアシネンシス・ツバキ科)から作られていて、製法の違いからそれぞれの特徴があらわれます。お茶のいれ方は、基本的には茶葉にお湯を注いで蒸らす―これだけのこと。きちんといれたお茶は、茶葉が持っている味と香りが十分に抽出され、本当においしいものです。しかし、紅茶や中国茶のおいしいいれ方は、実践でしかなかなか身に付けられないもの・・・。この連載では、ティータイムを楽しくするアイデアやコツをご紹介致します。季節やシーンに合わせてティータイムを楽しみましょう。

★Lesson2は、
「美肌アイスティーで、真夏の涼やかランチ」。
夏におすすめのハーブティーのほか、
さわやか風味のサンドイッチは、裏技も必見です!

杉浦薫の新着ニュース

極楽ティータイムの記事一覧

他のエディターの新着記事

ab

読者エディター3人がお答えします!暮らしのコンシェルジュ

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.