1. 美容情報トップ
  2. 美力向上委員会
  3. 美力ナビ
  4. スマート子育て&シンプル家事
  5. スマート子育て&シンプル家事の記事

年末のお片付けをもっと楽しく!
プチプラアイムで叶える「美しい収納術」

ハーブと薬膳の視点から、からだに優しいおもてなし料理教室を主宰する石田由紀子さんが教えてくれるのは、100~300円アイテムで叶える美しい収納。年末の「面倒な片付け」から、今年は「楽しい片付け」になるテクニックを紹介。キッチン周りの収納術は必見です!

意外と見られているキッチン!隠しつつ…使い勝手の良さも尊重

続いては、キッチンです。料理をしながら、リビングにいる家族と会話を楽しむことや、来客時にお客さんをお料理でおもてなしすることを考えて、カウンターキッチンを選ぶ人が多いようで、私もそのひとり。とても使い勝手の良いカウンターキッチンですが、ひとつ大きな悩みが。実は、お客さまがテーブルに座ったとき、意外にもキッチンの中が丸見えなんです。試しにお客さんになったつもりでイスに座ってみてください…、きっと驚かれるかと思います。

どんなに掃除が行き届いたリビングでも、キッチンが汚かったら台無しです。お客さまの目に入るものは最低限に留めましょう。とはいえ、毎日使うものはすぐに手に取れるようにしておきたいのが、「オンナ心」。そこでキッチンの片付けのポイントは、「収納棚の中」にあります。自宅で料理教室を開くため、調理器具や食器が多い私ならではの工夫をご紹介します。

キッチンにものが散らかっている状態として、リビング側から見えるキッチンの様子。写真中央の鍋や奥の炊飯器が目立つのが分かりますか?鍋はシンクの横の水切りカゴに乗せがちですが、これは片付けましょう。

普段の生活で使う調理器具や食器は、雑多に並んでいると散らかっているように見えがちなので表に出さないように。道具を片付けておくことで作業スペースができるので、料理がもっとはかどるという利点もありますよ!

お皿は「立てる」だけで、こんなにたくさん収納できる!

ここからは、キッチンの「収納棚の中」の秘密をご紹介します。

私の主宰する料理教室では、1回のレッスンで6名程度の生徒さんに集まっていただき、それを何回か繰り返しています。毎回、シーズンにあわせたテーマを決めて、テーブルコーディネートをイメージして、食器も選びます。そのため、使い回しをするとはいえ、大量のお皿を持っています。これらを限られたスペースで収納し、必要なときにささっと取り出せるようにするのは至難の業。そこで思いついたのが、お皿を「立てる」という方法です。お皿を平積みにすると、下にあるお皿を取るときに、上のお皿が落ちてしまったり…と何かと危険が伴います。それを解決してくれるのが、お皿を立てて収納する専用ケースなんです。

引き出した奥(写真左)を見ると、お皿が立っているのが分かると思います。色や形を揃えておけば、どこに何があるか一目瞭然で、使い勝手バツグン。ポイントは、深いお皿をこのケースに納めるとむしろ取り出しにくくなるので、平たい形のお皿を収納。小鉢やボールなどの深さのあるものは、できる限り同じ種類で分けて平積みしています(写真右)。
私が愛用している、お皿を立てて収納する専用ケースは、キャンドゥで購入したもの。内側の底に仕切りが付いているので安定感があって、お皿を取り出しやすい優れものです。お皿の形によりますが、1ケースで5~12枚のお皿を立てられるので、引き出しのスペースに合わせて複数購入しています。



★続いては・・・
細かいものはすべて、白プラスチックケースに頼る!

あわせて読みたい

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.