1. 美容情報トップ
  2. グルメ&レシピ
  3. グルメ検索
  4. 女性のためのレストラン検索

さらに条件を絞って検索

都道府県
業態・料理
設備
サービス
カード使用可
クーポンあり
飲み放題メニューあり
食べ放題メニューあり
深夜営業あり
ランチ店舗絞込み
携帯の電波が入る(au)
モバイルクーポンあり
携帯の電波が入る(NTTドコモ)
携帯の電波が入る(ソフトバンク)
禁煙席あり
駐車場あり
口コミあり
個室あり
TV・雑誌で話題のお店
予算

伊右衛門サロン 渋谷ヒカリエ店 (洋食)

京風料理の和食居酒屋

旬食材の京料理に京都の地酒を合わせて一献 洗練された和空間で味わう大人のための和食居酒屋 【忘年会コース2H飲放題付3,200円/4,000円/4,800円(税抜)】 完全個室あり

平均予算 2,000円

アクセス 東急田園都市線渋谷駅徒歩1分

NORTHSHORE 神戸 (洋食)

神戸の貸切スペース

ハーバーランドすぐそば! 天井が高く開放感抜群の空間♪ 着席100名様・立食120名様まで貸切OK 飲み放題付コース4,200円(税抜)~ 多彩なオプションで盛り上がる宴会

平均予算 5,000円

アクセス 神戸市営地下鉄海岸線(夢かもめ)ハーバーランド駅徒歩7分

パーティースペース モリシタ 北新地 (洋食)

宴会専門・完全貸切個室

【北新地/淀屋橋駅5分】御堂筋に面した好立地♪ [6~180名様] 大小5つの完全個室☆/2H飲放付プラン3600円~ ≪パーティ盛上げグッズ&カラオケ設備も充実!貸出無料!≫

平均予算 3,900円

アクセス JR東西線北新地駅徒歩5分

神戸びいどろ 大井町店 (洋食)

焼肉,個室,宴会,貸切

【歓送迎会予約受付中】1フロア貸切可。10名様以上のご予約はお電話で 【大井町駅3分】焼肉&肉鍋食べ放題⇒3980円!一日5組限定!

平均予算 4,000円

アクセス JR京浜東北線大井町駅徒歩3分

個室イタリアン ROYALGARDEN ~ロイヤルガーデン~ 新橋虎ノ門 (洋食)

完全個室でイタリアン

【虎ノ門駅3分】 歓迎会・送別会に◎多彩な飲み放題コース3,980円~(税抜) 大小完全個室は6名様~最大160名様まで! 無料特典多数ご用意しております!

平均予算 4,000円

アクセス 地下鉄銀座線虎ノ門駅4番出口徒歩3分

表参道 オモテサンドウカフェ 【OMOTESANDO CAFE】 (洋食)

表参道 貸切

表参道ヒルズ目の前【完全貸切】歓送迎会予約スタート!

平均予算 4,000円

アクセス 地下鉄銀座線表参道駅徒歩3分

個室居酒屋 てぃーだ 上野店 (洋食)

上野居酒屋沖縄料理

ネット予約で楽天ポイントザクザク貯まる! 【駅近】JR上野駅、JR御徒町駅徒歩3分 【完全個室】堀炬燵個室~30名迄、プライベート空間 【貸切】店内貸切60名~70名迄

平均予算 3,500円

アクセス JR上野駅徒歩3分

横浜中華街 皇朝 オーダー式食べ放題 (洋食)

横浜中華街 食べ放題

5年連続MVP! ぐるなびランキング中華街総合1位 世界チャンピオンのオーダー式食べ放題! YokohamaChinatownRestaurant 令和元年10月より消費税増税に伴い価格改定しております。

平均予算 1,990円

アクセス JR京浜東北線石川町駅中華街口徒歩8分

梅田 夜景 M PRIME (洋食)

夜景 デート 記念日

大阪の夜景を独占 各線梅田駅より徒歩すぐ パノラマビューカップルシートで祝う 誕生日記念日コース4,000円(税抜)より

平均予算 4,000円

アクセス JR大阪駅徒歩1分

横浜中華街 彩り五色小籠包専門店 龍海飯店 (洋食)

食べ飲み放題品質NO1

【2015年~2018年ぐるなび予約ランキング4年連続 第1位】 142品食べ放題ご予約のお客様:特選142品+ドリンクバー付 ⇒1,980円 食べ飲み放題(2.5時間)4,980円⇒3,280円

平均予算 1,980円

アクセス JR根岸線石川町駅徒歩5分

Kirei Styleの注目キーワード

クーポン
お得なクーポンをご用意しているお店になります。期間限定または曜日限定でお試しクーポンを発行しているお店、飲み放題付きのクーポンのお店、2名様から利用できるクーポンを提供しているお店、などがあるようです。
日暮里

これまでは西日暮里というと、寺社仏閣が多い街、または繊維問屋街で有名な日暮里の隣、というぐらいの認識しかなかった方も多いかと思いますが、これからの西日暮里は違います。平成19年度内に開通する日暮里舎人線や、22年度にお隣の日暮里に開通が予定されている成田新高速鉄道などの影響から、日暮里と西日暮里の間に再開発事業が進められているのです。この再開発事業が完成するのは、19年の予定。これに合わせて、今後の西日暮里も大きな変貌を遂げていくでしょう。
日暮里という地名はこの土地に新しくできた堀から、新堀と名づけられました。それが、この地が高台で眺めがよく、「日が暮れるまでいても飽きない里」ということから、日暮らしの里と呼ばれ、日暮里という字になったそうです。この日暮里は、西日暮里と東日暮里に分かれており、西日暮里地区にあるのが、今回ご紹介する西日暮里駅です。現在は山手線と千代田線が通っており、前述の日暮里と足立区の水沼代親水公園駅を結ぶ、日暮里舎人線の駅も平成19年には開業します。また、常磐線や京成線、京浜東北線、スカイライナーが通るお隣の日暮里までは、歩いても5分ほどと非常に近いため、交通の便はかなりよく、さまざまな方面への通勤・通学に優れた場所と言えるでしょう。
西日暮里の駅を出て、線路の西側が、日暮らしの里と呼ばれる由縁となった高台の地域です。西日暮里駅から日暮里駅に向かう道には、花見寺と呼ばれた青雲時、雪見寺の浄光寺、月見寺の本行寺、住民のラジオ体操の場ともなってる諏訪神社などを初めとし、数多くの寺社仏閣が存在し、地元の人々の参拝はもちろん、遠方からも多くの観光客を集めています。この道の中ほどには、富士見坂と呼ばれる坂があり、現在も天気のいい日には富士山を眺めることができます。
この富士見坂を降りて行くと、下町の趣きを色濃く残す住宅街。人がすれ違うのがやっとという細い入り組んだ路地に、こじんまりとした昭和を感じさせる戸建て住宅が所狭しと並んでいます。また、この寺社仏閣の多いエリアとは、線路を挟んで反対側が、再開発エリアです。近所の子供たちや観光客に人気の駄菓子問屋街などがある、日暮里駅を出てすぐ、西日暮里駅からも歩いて3分ほどの場所を、「ひぐらしの里」と名づけ、西地区、中央地区、北地区と3つに分けて開発が進められ、それぞれの地区に超高層複合ビルが建てられます。全てが完成するのは平成19年。完成すれば、ショッピング、アミューズメントも充実し、バリアフリーも施されるため、人に優しい、東京の新名所となりそうです。これに伴い、日暮里エリアもますます発展していきそうで、旧跡などとの共存がどうなされていくのか、今後も目が離せそうにありません。
個室居酒屋
いわゆる貸しきり状態にできる個室のある居酒屋になります。衝立などで簡単に仕切られただけのありがちな半個室ではなく、 カラオケボックスのように完全に二人で使える個室を提供しているお店もあるようです。
接待や歓迎会や送別会、ご家族・女性同士のお食事会(女子会)などに、プライバシーを重視した個室レストランのような空間を好まれる方が増えてきているようです。大切な接待用・顔合わせ用として貸しきり状態にできたり、雰囲気が良い多種多様な完全個室があったり、間接照明が優しい落ち着いた空間に接待に喜ばれる掘り炬燵(こたつ)を提供しているお店もあります。
また「早い時間から飲めば、夜遅くならずに家に帰れる」ということで、小中学校の父母会や子ども連れの集まりや夜勤をする人、鉄道関係やタクシー運転手など、夜に飲めない人が利用する昼間の宴会(昼宴会)ができる個室居酒屋もあるようです。いつもは夜の宴会をするサラリーマンでも、仕事を早めに切り上げて宴会を始めるケースも増えてきているようです。お子様連れの方向けに、お座敷の部屋や個室を提供してリラックスして楽しい時間を過ごせたり、ベビーカーもOK!お子様でも安心のメニュー(お子様セットやアレルギー表示メニュー)を数多く取り揃えているお店などがあるようです。キッズスペース、子供用トイレやおむつ交換設備、授乳室まで提供している場合もあります。また大手チェーン系居酒屋ですと、禁煙スペースがしっかりわけられていて、メニューにお子様メニューがあったり、おもちゃや絵本を用意している店もあるようです。和食専門の板前が完全個室の数寄屋造りのお座敷で日本料理(会席・懐石)をお召し上がりいただける「個室割烹(こしつかっぽう)」という形もあります。
一方、完全個室だと話が続かなくなった時にちょっと息がつまりそう、と感じる場合や、リーゾナブルな値段で食事がしたい、普通の席だと周りがうるさくて話が聞こえない、という場合には半個室があるお店をおススメします。

情報提供元:株式会社ぐるなび

レストラン・グルメ検索
ソトゴハンNavi

話題のエリア、スポットからも探せる!おいしくてお得なグルメ・クーポン情報♪

ソトゴハンNavi

全国レストラン検索

希望条件からレストランを手軽に検索!お得なクーポン、最新レストラン情報も満載!

全国レストラン検索

厳選レストラン検索

ワンランク上のレストラン予約!記念日、食事会、自分へのごほうびディナーなどにも!

厳選レストラン検索

読者エディター
美の賢人ブログはこちら