1. 美容情報トップ
  2. ワタシStyle
  3. 女性ホルモンを整えてカラダコントロール

その不調は更年期のシグナル!?女性ホルモンを整えてカラダコントロール

  • なぜアラフォーになると不調になるの?
  • 読者エディターの不調撃退法を松村先生がチェック!
  • いずれやってくる更年期…その前にすべきことは?

最近、なんとなく体がだるい、肌が荒れやすい、ちょっとしたことでイライラする…、そんな心身の不調を感じるアラフォー世代。不調の原因とその対処法を知って、イキイキと輝く毎日を過ごしましょう。

読者エディターの不調撃退法を松村先生がチェック!

30代には感じなかったちょっとした身体の不調とそのサイン。さまざまな悩みを抱える読者エディター3人の不調対策を松村先生が診断!

  • 石川恭子さん(アロマライフスタイルコーディネーター)
  • 石田由紀子さん(国際中医薬膳師)
  • クリスショウコさん(エクササイズ講師)

石川恭子さん(アロマライフスタイルコーディネーター)更年期専門サイトで学びながらセルフコントロール

家事や仕事、子育てに追われる中、ふと立ち止まった時に冷えや疲れ、PMS(月経前症候群)などの不調を感じることがあるという石川さん。そんな時にチェックするのが、更年期をテーマとしたウエブサイト『輝きプロジェクト』。「更年期の症状や正しい知識、体験談などがあり、これから更年期を迎えるアラフォー世代にも心強い味方!『プチカウンセリング』サービスもあり、更年期や食事に関するアドバイスを受けることもできます」。ほかにも、アロマや話題のマグマヨガなど、セルフコントロールで不調を改善。

『輝きプロジェクト』の「プチカウンセリング」で食事管理

「プチカウンセリング」を活用して、管理栄養士に食事の相談。気になる症状や悩みをメールで送ると、私の場合、数日でおすすめの食材や改善法などのアドバイスが返信されてきました。

今回は、更年期に向けた食事を相談。「女性ホルモンの分泌が減ることでコレステロールが上昇したり、骨が弱ってしまうとのことで、コレステロールの吸収を抑える特徴がある食物繊維やカルシウムを多く含むメニューをアドバイスいただきました。季節に合ったレシピまで提案してくださるのがうれしい!」。写真右手前から時計回りに、「青菜ときのこのサラダ」「蒸し魚のあんかけ 香味野菜のせ」「たっぷり野菜の豆乳スープ」

忙しい時は大豆イソフラボンのサプリを

女性ホルモンと同様の働きがあると言われている「大豆イソフラボン」を意識して摂るように。忙しい日々が続き、食事で補えない時は、『基本のサプリ』で手軽に摂取。

アロマで心身をニュートラルに

アロマオイルを焚いたり、入浴時にアロマオイルを数滴たらしたり、マッサージしたり…アロマは、心身のリフレッシュやリラックスなど、日々のメンテナンスに欠かせない存在。

「基本のサプリ」は、女性の体をサポートしてくれる大豆イソフラボンアグリコンやぶどう種子ポリフェノールやビタミンD3などを配合。

女性ホルモンや自律神経を整える作用が期待できるおすすめの香りは、「ゼラニウム」や「クラリセージ」、「イランイラン」や「ローズ」「ラベンダー」など。好みの香りをチョイスして。

マグマヨガで冷え性対策

「汗をかきにくい私でも、体の内側からじっくり温まり、たくさんの汗が出ます!終わった後はすっきり、疲労回復にも!体温が少し上がり、代謝も良くなった気がします」

元々、低体温なので、冷え対策も兼ねて通っている「富士山溶岩浴 美人スタジオ」は、富士山の溶岩石で作られた高機能性スタジオで、マイナスイオンと遠赤外線効果により、「気持ちよく、体温を上げる」ことを目的とした施設。体を芯から温めてヨガをおこない代謝を活発にするので、大量の汗をかきます。一度体験すると、ヤミツキになる爽快感。肌とダイエットにもいいことずくめ。

松村先生'S アドバイス

ストレスは女性ホルモンの大敵!女性はだれかに相談することでストレス解消になり、また、正しい知識は余計な不安を取り除いてくれますので、そういった意味でもウエブサイトを活用されているのは◎。「基本のサプリ」は、抗酸化作用のあるぶどう種子ポリフェノール、免疫力アップのビタミンDなど、女性にうれしい成分がバランス良く含まれています。アロマやヨガでも心身のコントロールを上手にされているのが効果大!

成城松村クリニック 院長 松村圭子先生

石田由紀子さん(国際中医薬膳師)薬膳を取り入れたメニューでアンチエイジング

40歳を過ぎた頃から、疲れると目や頭が痛くなるほか、肌や髪の乾燥も気になるようになったという石田さんは、薬膳料理で健康と美肌をキープ。「女性が不足しがちな血になる食材(赤と黒の食材)や、アンチエイジングや美容にいい食材を積極的に摂るようにしています。薬膳を摂り入れた食事のほか、ウォーキングやお風呂上がりのストレッチや足裏マッサージ、夜11時までに寝るといった、日々の規則正しい生活スタイルを心がけています」

定番の「きくらげの卵スープ」。乾燥した白と黒のきくらげを水で戻し、鶏ガラスープで煮立て塩こしょうで味付け。水溶き片栗粉でとろみをつけて最後に溶き卵を入れ香菜をトッピング。

熱湯を通したナツメを赤ワインとシナモンで煮て、クコの実を加えてはちみつで漬けた「ナツメとクコの実のワイン煮」は瓶に入れて常備。「毎朝、ヨーグルトにかけていただきます」

松村先生'S アドバイス

薬膳師だけあってさすがのメニュー!白きくらげは美肌効果が高く、黒きくらげは血行を良くしアンチエイジング効果大。ナツメは、「1日3個食べると年を取らない」ということわざがあるほど、アンチエイジングや美肌効果に優れています。クコの実は、ビタミンや鉄分・カルシウムが豊富。まさに女性の健康と美容にうれしい食材ばかりで◎!

成城松村クリニック 院長 松村圭子先生

クリスショウコさん(エクササイズ講師)仕事のエクササイズ以外に“自分のためのレッスン”を

「運動」「よく食べる」「よく寝る」がクリスさんの美と健康の秘訣。「エクササイズ講師としてのレッスン以外にも、休みの日には“自分のためのレッスン”として、加圧トレーニングや自宅でのバランスボール、ストレッチポールで、骨盤を中心にエクササイズしながらで心身をリフレッシュ!血流が良くなったせいか、悩みの肌や髪の乾燥も改善した気がします」。食事では、日頃から旬の食材や野菜、フルーツを摂るようにしていて、最近では、自家製の酵素ドリンクを飲んで体の中からもしっかりケア!

代官山にあるお気に入りの加圧スタジオ「ソラーチェ」。「加圧トレーニングは、血流を制限して行うトレーニングで成長ホルモンが大量に分泌されることでも知られているんです」

朝やエクササイズの後にいただく自家製酵素ドリンク。「美肌にいいと言われるビタミンCをたくさん摂れるよう、みかんなどの柑橘系にショウガのスライスを砂糖に漬けたものを炭酸水で割って飲みます!」

松村先生'S アドバイス

加圧トレーニングは、乳酸を蓄積させ、脂肪を分解し筋肉を付けやすくする成長ホルモンの分泌を促し、内臓脂肪をためにくくする効果が期待できます。心身のリフレッシュを心がけることは、女性ホルモンの乱れを防ぐストレスケアとしてもgood!酵素ジュースで上手に栄養素を取り入れられているのがいいですね。

成城松村クリニック 院長 松村圭子先生

いずれやってくる更年期を心地よく迎えるために、今から心がけておきたいこととは? 次のページでチェック!


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.