クールな役の裏にある、少年の素顔。『曇天に笑う』古川雄輝インタビュー/エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. クールな役の裏にある、少年の素顔。『曇天に笑う』古川雄輝インタビュー

クールな役の裏にある、少年の素顔。『曇天に笑う』古川雄輝インタビュー

2018年03月16日 17時10分配信  マイナビウーマン

クールな役の裏にある、少年の素顔。『曇天に笑う』古川雄輝インタビューの画像:キレイスタイルニュース クールな役の裏にある、少年の素顔。『曇天に笑う』古川雄輝インタビュー
聡明で、冷静沈着。とはいえ、その中には少しの熱と狂気が混ざる。そんな役を古川雄輝に演じさせれば、それはもうこの上なくハマる。3月21日公開の映画『曇天に笑う』で彼が演じるのは、主人公・曇天火(福士蒼汰)の元親友で、政府の直属部隊・犲(やまいぬ)の隊長、安倍蒼世。暗殺剣の使い手で、冷徹だが志高いキャラクターは、私たちが彼に抱くイメージそのものにかぎりなく近い。



でも、話を聞いてみれば、共演者との仲のよさを楽しそうに話す少年のような素顔も見えてくる。イメージ通りの役柄と、イメージとはちがう目の前の古川雄輝。それがまたおもしろい。クールな安倍蒼世というキャラクターの裏には、彼の意外なギャップがあった。

初挑戦のアクションシーンは「超大変」

――まずは出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。

本広(克行)監督とお仕事するのははじめてだったので、純粋にうれしかったし、同世代の役者さんも多いので、現場が楽しくなればいいなと思っていました。でも、それと同時にアクションをやったことがなかったので「できるかな?」というちょっとした不安もあって。

――でも、アクションシーンは楽しみではあった?

もちろん「やってみたい!」という気持ちもありましたし、楽しみでもありました。だけど、やってみると難しかったです。それに「ちゃんと練習して、ある程度固めてから現場に入るから大丈夫だよ」って聞いていたんですが、いざ現場に入ってみるとそうじゃなかった。だいたい20分前に覚えたものをいきなり本番でやる、みたいな。想像していたのとは全然ちがったんです。ちょっと遅めに動いて、あとで映像のスピードを変えるのかなと思ってたけど、そういうことも一切せずにやりました。だから、動作がめちゃくちゃ早いんですよ。実際にやってみたら超大変だった。

アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.