FPが教える! 「お金が貯まる財布」の選び方/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. FPが教える! 「お金が貯まる財布」の選び方

FPが教える! 「お金が貯まる財布」の選び方

2018年10月09日 15時10分配信  マイナビウーマン

FPが教える! 「お金が貯まる財布」の選び方の画像:キレイスタイルニュース FPが教える! 「お金が貯まる財布」の選び方
「お金を貯めるには財布が重要」「財布を変えるとお金が貯まるようになった」。このような話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。実際に自分が使う財布とお金の関係は密接に絡み合っているといわれています。一般的に多くの人が、お金を貯めたいと考えているはず。では、お金が貯まる財布はどのように選べばよいのでしょうか。「家計簿不要!お金がめぐる財布の使い方」( 永岡書店 )の著者でもあるファイナンシャルプランナーの川部紀子さんに教えてもらいましょう。■お金が貯まる財布の選び方お金が貯まる財布とは、どんな財布なのでしょうか。長財布がいいのか、ブランドものがいいのかなど、多くの人が気になる点のほか、整理しやすい財布の理論も紹介します。◇長財布がいいの?どちらが貯めやすいというよりも、ズボラさんでも管理しやすいのは長財布だと考えています。しかも、札入れ小銭入れ一体型で、小銭入れに仕切りのあるタイプがオススメです。一万円札を崩してしまうとあっという間にお金が減っていくという経験はありませんか? そこで、すぐにお札を出さないように小さな小銭から使って、大きなお金が崩れるタイミングを少しでも後ろにスライドしましょう。◇長財布3LDK理論推奨しているのが筆者オリジナルの「長財布3LDK理論」。財布を3LDKの部屋に例えて金種ごとに収納します。五千円札・千円札はメイン札入れスペース「L(リビング)」へ、一万円札は財布の中でもマチが無く取り出しづらいスペース「部屋�(寝室)」へ、五百円玉・百円玉は小銭スペース「部屋�(子ども部屋A)」、五十円玉以下は小銭スペース「部屋�(子ども部屋B)」へ。こうすることで、小さいお金から順番に取り出しやすくなるので、お札が財布の中に留まる時間が長くなります。また、小銭でパンパンになることも防げるので、財布の見た目もスッキリします。財布の構造上可能であれば、手前から小さいお金、いちばん取り出しづらい奥に一万円札がオススメです。お金にとって居心地の良い家のような財布を目指しましょう。<3LDK理論>L(リビング):メインの札入れスペース(五千円札・千円札)部屋�(寝室):取り出しづらい札入れスペース(一万円札)部屋�(子ども部屋A):小銭スペース(五百円玉・百円玉)部屋�(子ども部屋B):小銭スペース(五十円玉以下)◇カード入れは多い方がいいの?

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.