渋谷には、胃腸を焼かれる喜びがある|編集長の渋谷ランチ/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ・レシピ
  5. 渋谷には、胃腸を焼かれる喜びがある|編集長の渋谷ランチ

渋谷には、胃腸を焼かれる喜びがある|編集長の渋谷ランチ

2018年11月14日 21時30分配信  roomie

渋谷には、胃腸を焼かれる喜びがある|編集長の渋谷ランチの画像:キレイスタイルニュース
午前の仕事は戦争です。

最も集中できる時間だからこそ、創造性とハードルの高い仕事を詰め込む。

そして午前奮闘した自分を、ランチで労ってやる。これぞ職業人たる喜びなのです。 こだわりの一店を紹介したい…

そこで、ROOMIE編集部が腰を据える渋谷で、こだわりの一店をご紹介。

初回はタイ東北、イサーン料理を味わえる『モーラム酒点』です。

目印はペンキで大胆に表現されたゴールド寝仏。

実家のような穏やかさ…だが…?

奇抜な外装とは対照的に、中はおとなしい印象を受けるでしょう。

メニューにはポピュラーなタイ料理が並びます。おや、イサーン料理らしいものはあまりない……?

まぁ、まずは小手調。ガパオでも頼んでみようじゃないか。

ほのぼのルックの伏兵

ふむ、見た目はよくあるガパオそのもの。

セットのサラダ、スープ、ゼリーもシンプルです。飾り気のない食器には、どこか小学校の給食を思い出すほのぼの感。

凶悪ッ…!

しかし、パクリと一口含んだ瞬間、度肝を抜かれます。

辛ッッッ!!!!

え……

辛ーーーッッッッッ!!!!

「しばしの休戦……」 そう思ってやってきた場所での唐突な奇襲。再戦の火蓋は今ここに切って落とされた!

タイ人シェフと日本人シェフの確信的犯行

現地の辛さをそのまま再現しております。

こだわりは、包丁で叩いた鶏肉、半熟目玉焼き、タマネギ・赤ピーマンなど、甘みや水分が出る野菜類は入れない事。

ふくみ笑いさえ聞こえてきそうな、オーナーによる悪魔の囁き。

しかも、水を飲んでも全然辛さが和らがない。呪い?

あぁもう……食べるのをやめたい。あまりにも辛い。なのに……なのに……。

ウマいんである。

もう、しょうがない。これはしょうがないほどにウマい。

まるでジリジリと体を焼かれながらも、太陽に向かって手を伸ばすイカロスのよう。

愚かにも、何度も何度も口にガパオを運ぶ僕は、まさに食という快楽に溺れる罪人。あぁ人間の業はどこまで深いのか……。

それでも……それでも……。

汗流した顔に11月の風は心地よかった

この戦いに勝ったのか負けたのか、僕にはわかりません。

でも、ただ一つわかっていること。それは、こだわりある食を求めるこの足は、止まらないということ。

人類最古のエンタメ、食。

人間である喜びを、この肌で感じるために、僕は今日も渋谷の街を歩くのです。

※いちおう辛さ控えめ、もしくは辛さ強めも対応してくれますよ

あわせて読みたい:

世界で唯一ジブリ公認の「トトロレストラン」がタイにあるって知ってた!? これは行くしかないね… - ROOMIE(ルーミー)

ポテチっていうか、これはもうイモ…通常の約3倍の極厚のポテチが出るって本当? - ROOMIE(ルーミー)

マンガ『602号、木の見える部屋』第4話〜ご近所さん〜 - ROOMIE(ルーミー)

    野田翔

    アクセスランキング

    グルメ・レシピの最新ニュース

      【免責事項】
    • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
    • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
    • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

    読者エディター
    美の賢人ブログはこちら

    Copyright © bizki Inc. All rights reserved.