サカタのタネ、インパチェンス属の栄養系品種「サンパティオ」シリーズを限定販売/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. レジャー
  5. サカタのタネ、インパチェンス属の栄養系品種「サンパティオ」シリーズを限定販売

サカタのタネ、インパチェンス属の栄養系品種「サンパティオ」シリーズを限定販売

2018年12月06日 18時45分配信  マイライフニュース

 サカタのタネは、インパチェンス属の栄養系品種「サンパティオ」シリーズを、来年春にオンラインショップを含む同社通信販売、直営店のガーデンセンター横浜および一部のホームセンター・種苗店で限定販売を開始する。

 「サンパティオ」は、同社のロングセラー「サンパチェンス」の姉妹シリーズとなっている。「サンパチェンス」は、生育旺盛で大きな草姿になるのが特徴だが、「サンパティオ」は、ベランダなどの狭いスペースでも楽しみたいというニーズに着目し、約10年の歳月をかけて開発した。「サンパチェンス」同様に、真夏の暑さや強い日差しに耐え、春から秋まで花を次々と咲き続ける性質を受け継ぎながらも、生育スピードが緩やかな性質を持ち、8号鉢で育てた場合では、「サンパチェンス」が1株で草丈約50cmに対し、「サンパティオ」は草丈約30cmとコンパクトな草姿となっている。今回の発売によって、「サンパティオ」を中鉢植えや寄せ植え向けとして、また、「サンパチェンス」を大きくがっちりと育てる花壇もしくは大鉢向けというように、消費者の選択の幅が広がる。

 花色は、「オレンジ」「パープル」「ホワイト」の3色とのこと。今後さらにラインアップを増やしていく予定だという。シリーズ名は、サン(Sun=太陽)、パティオ(Patio=小庭園)からなる造語で、限られたスペースでもガーデニングを楽しんでもらいたいという思いから命名した。

アクセスランキング

レジャーの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.