グローバル・ブレイン、大企業とベンチャーが集う「Global Brain Alliance Forum 2018」を開催、世界で戦える日本発のベンチャー企業の育成を目指す/ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. グローバル・ブレイン、大企業とベンチャーが集う「Global

グローバル・ブレイン、大企業とベンチャーが集う「Global Brain Alliance Forum 2018」を開催、世界で戦える日本発のベンチャー企業の育成を目指す

2018年12月07日 20時24分配信  マイライフニュース

 グローバル・ブレインは、12月7日に「Global Brain Alliance Forum 2018」を開催した。同フォーラムでは、様々な業界の経営者や有識者を招き、これからのベンチャー市場や、経済、テクノロジートレンドなどをテーマに基調講演やパネルディスカッションを行うイベントで、今年で12回目を迎える。プログラム内容は、ブロックチェーンやフィンテックなど今後の経済のトレンドとなるトピックスのパネルディスカッションに加え、新ファンドの発表や、オープンイノベーション事例などを紹介した。

 「当社は、今年46社134億円の投資を実行した。メルカリ、ラクスルを始めとしたIPOが好調で、M&Aも順調に実行し、累積のExitは、IPO13社、M&A43社とExit率38.3%という高い水準を示した」と、グローバル・ブレインの百合本安彦社長が挨拶。「当社の人材採用においても、今年は17人を新規採用した。内訳は、キャピタリストをはじめ、弁護士、会計士、デザイナー、テックタレントなど国内外で多彩な人材を採用。来年は20人以上を採用し、人材基盤の強化を図っていく」と、実績にともない人的リソースの確保にも余念がないとのこと。「そして、6号ファンドの投資組み入れは順調に推移し、今年11月時点で、ファンド総額の67%にあたる132億円の投資実行を完了した」と、かつてないスピードで投資を実行したのだという。「投資領域は、Deep TechやFin−Tech/Blockchainへの投資を加速させた」と、幅広い領域にポートフォリオを組んで投資を実行したのだ説明する。「6号ファンドの組み入れが順調に推移したことを受け、7号ファンドの設立を予定している」とのこと。「ファンドレイジング後、当社の全運用残高は1500億円に迫る予定だ」と、7号ファンドを設立し投資対象領域もさらに広げていきたい考えを示した。

このニュースに関連するイケメン・タレント: RAIN その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.