クラシコの地で“次”を見せたNYアートのグラフィティブランド・ハキュラ【ピッティ・ウオモ95】/美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. クラシコの地で“次”を見せたNYアートのグラフィティブランド・ハキュラ【ピッティ・ウオモ95】

クラシコの地で“次”を見せたNYアートのグラフィティブランド・ハキュラ【ピッティ・ウオモ95】

2019年01月12日 12時45分配信  FASHION HEADLINE

クラシコの地で“次”を見せたNYアートのグラフィティブランド・ハキュラ【ピッティ・ウオモ95】の画像:キレイスタイルニュース クラシコの地で“次”を見せたNYアートのグラフィティブランド・ハキュラ【ピッティ・ウオモ95】
ニューヨーク発のハイストリートブランドのハキュラ(HACULLA)が、ピッティ・ウオモ(PITTI UOMO)95の3日目、1月10日にランウェイ・ショーを行った。会場となったドガーナ(DOGANA)にはストリート・グラフィティアーティストのハリフ・グズマン(Harif Guzman)の壁一面のペインティング、今回のために制作された巨大オブジェが並んだ。



中国系アメリカ人の起業家兼現代アーティストとして知られるジョン・クーン(JOHN KOON)がクリエイティブディレクターを務め、ラルフローレン、ヴォルコム、バートンなどファッションブランドとのコラボレーションでも知られるグズマンの作品をアパレル展開している同ブランドは、日本でも一部のセレクトショップなどで扱われ、すでにファンのあいだでは話題となっている。今回のインスタレーションは、グズマンのペイントが施された白衣を着たモデルがゾンビウォークでオープニングに登場し、中央を覆った黒幕の前に並んだ後、幕を引き下ろすと中央にオブジェが現れ、2019-20年秋冬コレクションがスタートするという構成。



グズマンのオブジェの間をゴシックメイクの男女モデルが爆音のなか、キャットウォークする光景は圧巻。公式イベントながら事前に詳細がアナウンスされておらず、半ばゲリラ的に行われたショーはこれまでピッティ・ウオモのゲストイベントとして、アンダーカバー、オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™、タカヒロミヤシタザソロイスト.など、メンズデザイナーの新しい流れを体感してきた現地のプレスにとってはかなり過激。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.