これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは? /恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 恋愛
  5. これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは?

これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは?

2019年01月13日 07時00分配信  恋愛jp

これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは?の画像:キレイスタイルニュース これが真の“おブスコーデ”!「最悪な色の組み合わせ」とは?
一つひとつのアイテムは素敵なのに、コーデがダサい……と思う女性っていませんか。
もしかしたら、それは合わせる色の組み合わせが悪いからかもしれません。
ちょっとしたコツを知っておくだけで、コーデが一段を変わることもあります。
今回は、コーデで「最悪な色の組み合わせ」をご紹介します。

(1)単色コーデはわざがいる


『全て黒で統一している子がいたけど、もはやお葬式かと思った』(28歳/証券)

単色コーデなら、失敗することはないだろう、と思う女性もいるかもしれません。
しかし、単色コーデこそ、ちょっとしたわざがいることもあります。

例えば、単色のワンピース。
それだけだと、ポイントがなく、インパクトに欠けます。
単色コーデのときは、小物やアクセでコーデにポイントをいれましょう。

(2)2色使いのコツ


『緑に赤のスカートを履いている人がいて、今日はクリスマスなのかと思ったことがある』(30歳/営業)

ほとんどのコーデで多いのが、2色使いでしょう。
しかし、その2色を選ぶときも、どの色を組み合わせるかがポイントになってきます。

2色同士、相性の悪い色合いというものがあるもの。
ネットで、「色の相性チャート」や「色相環」とググってみるとでてくるでしょう。

アクセスランキング

恋愛の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.