資生堂アートハウス展覧会「椿つれづれ」開催 /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. 資生堂アートハウス展覧会「椿つれづれ」開催

資生堂アートハウス展覧会「椿つれづれ」開催

2019年01月14日 21時00分配信  ストレートプレス(STRAIGHT PRESS)

資生堂アートハウス展覧会「椿つれづれ」開催の画像:キレイスタイルニュース


資生堂アートハウスは、収蔵品の中から椿の花をモチーフにした絵画や工芸品、古美術による展覧会「椿つれづれ」を1月16日(水)から開催する。


“椿”は永い年月にわたって日本人に愛されてきた花樹で、古くは万葉集に詠まれ、花のみならず枝や葉、その実までが衣食住に結び付き、人々の生活と深くかかわってきた。日本の風土に適応した椿は、野生種から栽培種までが広く国内に分布し、永く続く花期は花の少ない季節に人の心を和ませる、貴重な存在でもあった。また四季を通じて艶やかな緑を保つ葉は不老につながり、さらには迎春や結縁を象徴する縁起の良い花として、さまざまな分野の美術品に採り上げられてきた。

今回の展覧会では、横山大観や山口蓬春、小村雪岱らによる日本画をはじめ、鳥海青児、林 武などの油彩、北村昭斎、十三代 今泉今右衛門、田村耕一らによる漆芸や陶芸のほか、資生堂企業資料館のコレクションから椿百余種をさまざまな調度類と共に描いた「百椿図」や、江戸時代に制作された松椿蒔絵の化粧道具、調度類などを展示する。

会期は、1月16日(水)〜3月31日(日)。入場は無料。1月25日(金)・2月23日(土)・3月16日(土)の各日14時〜14時30分には、学芸員によるギャラリートークも実施される。

Copyright (C) Straight Press Network, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.