さすがフランスで120年愛されるだけあったよ|アウトドアな家暮らし /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ・レシピ
  5. さすがフランスで120年愛されるだけあったよ|アウトドアな家暮らし

さすがフランスで120年愛されるだけあったよ|アウトドアな家暮らし

2019年02月11日 21時00分配信  roomie

さすがフランスで120年愛されるだけあったよ|アウトドアな家暮らしの画像:キレイスタイルニュース

ナイフを使いこなせる人ってなんかカッコいい。

未だに『天空の城ラピュタ』で、ドーラが肉厚のハムをナイフでぶっ刺して食べる姿にワクワクしちゃうんですよ。

さて、そんな我が家にもナイフが1本。キャンパーにはおなじみの「OPINEL(オピネル)」をウチ/ソト兼用使いです。

1cmごとにあるのよ

フランスで120年以上、同じ形で折りたたみナイフを作り続けてきたOPINEL。

刃の長さは6cm〜12cmまで1cmごとの品揃えで、あらゆる用途で使用できます。

僕は最初、渡り7cmのOPINEL#7でしたが、調理に使うのにちょっと小さすぎたので、今は刃渡り10cmの#10を愛用しています。

フレンチ・カルチャーごと愛したい

フランスでは子供にナイフを送って道具の使い方を教え込んでいくカルチャーがあるそう。

子供に送るファースト・ナイフにOPINELのナイフが選ばれているんですって。

う〜ん、そんなストーリー性にもなんだかキュンキュンしますね……。

こだわり派はカーボン。手軽に使いたければステンレス

刃の素材は2種類あって、切れ味は鋭いけど、こまめなメンテナンスが必要な「カーボン」。

そして、切れ味はカーボンには劣るけど、手入れをあまり気にしなくてもいい「ステンレス」の2種類。

アクセスランキング

グルメ・レシピの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.