ジュンヤ ワタナベ マン、年月を経てハイブリッドされる新しさ【2019-20秋冬メンズ】 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. ジュンヤ

ジュンヤ ワタナベ マン、年月を経てハイブリッドされる新しさ【2019-20秋冬メンズ】

2019年02月12日 11時50分配信  FASHION HEADLINE

ジュンヤ ワタナベ マン、年月を経てハイブリッドされる新しさ【2019-20秋冬メンズ】の画像:キレイスタイルニュース ジュンヤ ワタナベ マン、年月を経てハイブリッドされる新しさ【2019-20秋冬メンズ】
機能とモードと時間。一部でアスレジャー離れの声が聞こえ始めた今シーズンのミラノ、パリと続いたメンズファッションウィークで、コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)は、自らのブランドのステータスを明快に示した。



1月19日、パリで行われた2019-20年秋冬メンズコレクションは、同ブランドのアイデンティティーとも言えるミックスチャーを、「シルバー・スワッガー(Silver Swagger)」テーマとしたコレクションで発表した。シルバー世代とも言えるモデルたちをイギー・ポップ(Iggy Pop)、トム・ウェイツ(Tom Waits)などの音楽と共に登場させ、ユース、ストリート、アスレジャーなど、この数年続いたメンズのトレンドを、ジュンヤらしいリアルクローズに落とし込んだ世界観で提案した。

ジャケットはメンズファッションのヴィンテージを思わせるさまざまなアイテムのパーツから出来上がっている。例えば、袖は小紋とトライバルモチーフのジャカードニット。その小紋はよく見るとハート柄だ。グレーのウーステッドのストライプ地やチェック地の前身頃。裏地はナイロンやキルティング。背中はワーキングジャケット、ナイロンのキルティング、ハンティングジャケットなどアウトドアのアイテムモチーフからの引用。MA-1の袖や衿部分だけ洗い加工したグレンチェック。同ブランドの得意とするパッチワークの手法は今シーズン、柄だけではなく部品のパッチワークに及んだ。

このニュースに関連するイケメン・タレント: alan その他のイケメン・タレント一覧

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.