地震への備え、大丈夫? 耐震意識の高い“耐震県”第1位は神奈川 /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. 地震への備え、大丈夫?

地震への備え、大丈夫? 耐震意識の高い“耐震県”第1位は神奈川

2019年03月15日 09時00分配信  ストレートプレス(STRAIGHT PRESS)

地震への備え、大丈夫? 耐震意識の高い“耐震県”第1位は神奈川の画像:キレイスタイルニュース


木造耐震設計事業などを手掛け、3月14日(木)にJASDAQ上場を果たしたエヌ・シー・エヌは、「耐震に関する全国意識調査」を実施。その結果を発表した。


今回行ったのは「住宅の耐震意識」と「地震への備え」に関する調査で、全国47都道府県2889名を対象にしたもの。回答率をスコア化し、各設問のスコアを合計した値をもとに“耐震県”ランキングを作成した。

その結果、上位は1位「神奈川」・2位「岩手」・3位「兵庫」・4位「宮城」・5位「青森」と、東日本大震災や阪神淡路大震災で被災した地域が多くランクインする中、関東の「神奈川」が耐震の認知・理解などを示す「住宅の耐震意識」で4位、「地震への備え」で1位と両項目で高いスコアを記録し“耐震県”総合1位に輝いた。

総務省統計局の「平成25年住宅・土地統計調査」によると、神奈川は東日本大震災による県外からの転入世帯も多く、被災経験の中でより高い耐震意識を持つ人が多くなっているのが理由の一つと考えられる。ちなみに、下位3県は45位「京都」・46位「島根」・47位「広島」という結果だった。


総合ランキングに関する設問とは別に、地震に対する意識を知るべく他の設問も投げかけてみると、「現在の住まいが耐震性能を備えているか」(※)の問いには、全体では「はい」28.9%、「いいえ」37.3%、「わからない」33.8%となり、3人に1人は耐震かどうかわからないまま住んでいることが判明した。(※)「耐震性能を備えている」とは、耐震等級1以上を有する住宅のこと

Copyright (C) Straight Press Network, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.