Cゾーンは「若見え」の重要エリア シミで「7.3歳」も老け顔に見えてた...。 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. セール・イベント
  5. Cゾーンは「若見え」の重要エリア シミで「7.3歳」も老け顔に見えてた...。

Cゾーンは「若見え」の重要エリア シミで「7.3歳」も老け顔に見えてた...。

2019年03月15日 11時00分配信  東京バーゲンマニア

Cゾーンは「若見え」の重要エリア シミで「7.3歳」も老け顔に見えてた...。の画像:キレイスタイルニュース 囲ってあるところがCゾーン

3月に入り、紫外線が気になり始める季節になりました。

紫外線といえばシミの原因のひとつ。女性にとって悩みのタネですよね。

DHC「Cゾーン」PR事務局が、20代〜60代の女性500人を対象に「シミに関する意識と実態調査」を行ったところ、顔まわりの肌で気になること第1位はやはり「シミ」。半数以上の64.0%がシミに悩んでいることがわかりました。

シミが気になる顔の部位は、「頬骨」(44.1%)、「目の下」(39.1%)、「目じり」(26.6%)など、いわゆる「Cゾーン」に集中しています。

老け顔、暗い、幸薄そう...

そんな"シミ集中地帯"のCゾーンですが、Cゾーンをケアしている女性はわずか3人に1人(38.4%)。それどころか、Cゾーン自体の認知率はさらに低くたったの14.0%でした。Tゾーンの認知率は91.2%なので、いかに低いかがわかりますね。

でもこのCゾーンは"若見え"にとって実に大事な場所でもあります。

というのも、500人全ての女性に対し、シミがない状態(写真左)とCゾーンにシミがある状態(写真右)の顔写真を提示し、見た目年齢が何歳ぐらい違うと思うかと聞くと、シミがある顔はシミがない顔に比べて「7.3歳」も老け顔に見える、という結果になったのです。

アクセスランキング

セール・イベントの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.