江崎グリコ、「人生100年時代を腸から『食物繊維とビフィズス菌』腸研究セミナー」を開催、食物繊維とビフィズス菌を同時に摂取するシンバイオティクスの新たな可能性を紹介 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 美容・コスメ
  5. 江崎グリコ、「人生100年時代を腸から『食物繊維とビフィズス菌』腸研究セミナー」を開催、食物繊維とビフィズス菌を同時に摂取するシンバイオティクスの新たな可能性を紹介

江崎グリコ、「人生100年時代を腸から『食物繊維とビフィズス菌』腸研究セミナー」を開催、食物繊維とビフィズス菌を同時に摂取するシンバイオティクスの新たな可能性を紹介

2019年03月22日 10時56分配信  マイライフニュース

 江崎グリコは、人生100年時代が叫ばれるこれからの時代に向けて、「人生100年時代を腸から『食物繊維とビフィズス菌』腸研究セミナー」を3月19日に開催した。今回のセミナーでは、腸内フローラ研究の第一人者である慶應義塾大学薬学部 教授の長谷耕二先生を招き、腸内細菌叢(マイクロバイオーム)と健康の関係性、および食物繊維とビフィズス菌を組み合わせたシンバイオティクスの新たな可能性について紹介した。また、今注目の食物繊維「イヌリン」の優位性について説明した他、江崎グリコ独自のビフィズス菌BifiXに関する最新研究結果も発表した。

 「私たちの体は50〜60兆個の細胞で作られているが、腸内には約100兆個もの細菌が棲んでおり、細菌ゲノム全体で800万個の遺伝子が存在しているといわれている。また、腸内細菌叢の構成菌の種類と数は、個人によって大きな差があり、そのバランスは日々の食事に影響されることがわかってきた。ブルキナファソとEUの子どもの腸内細菌叢を解析した研究では、それぞれの子どもの腸内細菌の構成は全く異なるものだった」と、慶應義塾大学薬学部 教授の長谷耕二先生が、腸内細菌叢の構成は一人ひとりの個人差が大きいことを紹介。「人間が食べたものは、ほとんどが小腸で消化吸収されるが、可溶性食物繊維やオリゴ糖、レジスタントスターチなどの発酵性炭水化物は消化されることなく、大腸まで達する。そして、これらが腸内細菌によって分解され、酢酸やプロピオン酸、酪酸など様々な代謝物を産生する」と、腸内細菌の働きについて解説した。

アクセスランキング

美容・コスメの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.