日本初、食べる!? フレーバーバター。和菓子のような桜バターと瀬戸内レモンバターが気になる! /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 日本初、食べる!?

日本初、食べる!? フレーバーバター。和菓子のような桜バターと瀬戸内レモンバターが気になる!

2019年03月26日 12時00分配信  FASHION HEADLINE

日本初、食べる!? フレーバーバター。和菓子のような桜バターと瀬戸内レモンバターが気になる!の画像:キレイスタイルニュース 日本初、食べる!? フレーバーバター。和菓子のような桜バターと瀬戸内レモンバターが気になる!
日本初の“食べるバター”!?

バターの新しい楽しみ方を提案するブールアロマティゼ(BEURRE AROMATISÉ)ブランド「カノーブル(CANOBLE)」が今話題。


日本ではまだあまり馴染みがないが、食事にバターを多く使う欧米では、冷たいバターそのものの味を楽しむために料理やパンにバターをのせてそのまま食べるという楽しみ方がある。ヨーロッパバターの多くは、原料となるクリームを乳酸菌によって発酵させて作る発酵バターが主流。発酵バターのおいしさはすでにご存知の通り、バター自体が風味を持っているためしつこく感じること無く、そのまま食べても楽しめる。

そんなバターのおいしい食べ方を日本に広めるべく昨年冬に誕生したブランド、カノーブル。カノーブルの人気は、国産発酵バターにナッツやドライフルーツを練り込んだ“食べるバター”。フランスでは「ブール・アロマティゼ(Beurres aromatisés)」と呼ばれ親しまれているフレーバーバターである。



そしてこの春、2つの新作フレーバー「SAKURA」と「瀬戸内レモンバター」が発売された。

ブールアロマティゼシリーズの新作として登場したのは、瀬戸田レモンや和三盆糖など瀬戸内海エリアの素材をふんだんに使用した贅沢なフルーツバター「瀬戸内レモンバター」。レモンとバターは好相性。レモンの香気成分である「リモネン」が、バターの食感を滑らかに。レモンの酸味を残しながら優しい甘みを感じさせる和三盆糖と、全体の味を旨味で引き締める藻塩。そのままスイーツとして食べるのも◎パンにのせたり、肉料理に添えたりするのもおすすめだ。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.