【トレーナーが伝授!】普段の階段のぼりにふと工夫ちょい足し!でボディメイク /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 【トレーナーが伝授!】普段の階段のぼりにふと工夫ちょい足し!でボディメイク

【トレーナーが伝授!】普段の階段のぼりにふと工夫ちょい足し!でボディメイク

2019年03月26日 16時07分配信  WWO-Woman Wellness Online-

【トレーナーが伝授!】普段の階段のぼりにふと工夫ちょい足し!でボディメイクの画像:キレイスタイルニュース

リカバリートレーナーの伊藤晃一です。

運動やダイエットでは、特別な運動だけではなく、日常生活での取り組みがとても重要です。

よく聞くのが「エスカレーターではなく階段を使いましょう」という言葉。

はたして階段ののぼりおりは、いったいどれくらいの効果があるのでしょうか。

今回は、日常生活で頻繁に登場する階段をボディメイクに役立てちゃう方法を紹介します。

 

ぜひ、試してみてくださいね!

階段のぼりは何カロリー?

まず、日常生活における階段の使用が、どれくらいの運動効果があるのかを考えてみましょう。

厚生労働省が2006年7月に国民の生活習慣病予防のために策定した「健康づくりのための運動指針2006」によると、『椅子に座って何もしない安静時の状態』を1メッツであることに対し、階段を登る動作は8メッツ、階段を降りる動作は3メッツとされています。

メッツというのは、運動や身体活動の強度の単位です。

安静時を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示したものです。

この数値を元に消費カロリーを表してみましょう。

計算式は下記の通りです。

エネルギー消費量(kcal)=1.05×エクササイズ(時・メッツ)×体重(kg)

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.