資生堂、「Future Solution LX」10周年プロジェクトの第1弾として"美は時を超える"を体現する「時ららの手箱」を制作、1000年後の未来へ美を受け継ぐため京都・下鴨神社へ奉納 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 美容・コスメ
  5. 資生堂、「Future

資生堂、「Future Solution LX」10周年プロジェクトの第1弾として"美は時を超える"を体現する「時ららの手箱」を制作、1000年後の未来へ美を受け継ぐため京都・下鴨神社へ奉納

2019年04月16日 16時24分配信  マイライフニュース

 資生堂は、世界85の国と地域で展開している「SHISEIDO」のプレミアムシリーズ「Future Solution(フューチャーソリューション)LX」の誕生10周年を記念した特別企画「Beauty Transcends Timeプロジェクト」を発表した。その第一弾として、“真の美は時を超える”をテーマに、1000年後の世界にも残る“美”を提示する壮大なプロジェクトとして「時ららの手箱」と呼ばれる玉手箱を制作。京都の国立博物館でお披露目し、下鴨神社で奉納式を行った。

 「Beauty Transcends Timeプロジェクト」は、日本の美が確立された1000年前の美の世界を訪ねるところからスタートしたという。その時代の美とは、見た目だけではなく内側からあふれる知性によって決まるものだったとのこと。「時ららの手箱」は、内面の輝きが真に重要であった1000年前の美の在り方を普遍的なものと捉え、“美は時を超える”ということを1000年後の世界に残したいという想いのもと、日本の伝統美を受け継ぐ「知・美・匠」の3つの領域の優れた才能によって完成した。

 まず、知の巨人として、哲学者で詩人でもある、京都大学名誉教授の篠原資明先生にオリジナルの和歌を詠んでもらった。篠原先生が読んだ和歌は、「星と露 瞳に出会う玉響の幾千代超えて 時らら先ら」となっている。美の巨人は、現代美術家として数々の一流作品を手掛ける、天野喜孝氏。篠原先生の和歌を絵画に描き上げてもらった。そして、匠の巨人として、350年続く京漆匠 象彦の職人が熟練した工芸細工の技で、天野氏の絵画を玉手箱へと仕上げたという。こうして完成した「時ららの手箱」の底には、西陣織りが織り込まれているとのこと。

アクセスランキング

美容・コスメの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.