「子ども産んだほうがいいよ」がセクハラな理由 /キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 「子ども産んだほうがいいよ」がセクハラな理由

「子ども産んだほうがいいよ」がセクハラな理由

2019年04月22日 11時10分配信  マイナビウーマン

「子ども産んだほうがいいよ」がセクハラな理由の画像:キレイスタイルニュース 「子ども産んだほうがいいよ」がセクハラな理由
風に舞う花吹雪が目に眩しい今日この頃。セクハラ・パワハラのセパ両リーグが盛り上がる日本の春、みなさんいかがお過ごしですか?時候の挨拶はこのへんにして、新連載「♯女子を困らせる人」、第一回目のテーマはセクハラである。■セクハラのスタンダードは「おじさん→女子」セクハラは立場が上の者が下の者に行う場合が多く、「屋上に行こうぜ」と拳で決着をつけるのが難しい。女子アナが「触るなジジイ」とみのもんたを殴り殺せるかというと、無理だろう。私も広告会社に勤めていた20代、上司や取引先のおじさんからセクハラを受けた。そのときに笑顔でかわしたことを、今でも後悔している。相手に「嫌がってないからOK」と誤解させ、新たな被害者を生んだと思うからだ。男社会を生き延びるサバイバル術として「反射的に笑顔を作るクセ」が身についている女子は多い。だが、逆にそういう女子のほうがセクハラの標的になりやすい。性的な行為についても、欧米では「明確なイエス以外はノー」だが、日本では「明確なノー以外はイエス」という価値観が根強い。弁護士の女友だちいわく、セクハラで裁判になった際も「相手は笑顔で喜んでたからセクハラじゃない」と主張する加害者が多いという。なので自分を守るためにも、無駄な笑顔は封印しよう。そして、鏡の前で「プーチン顔」の練習をしてほしい。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.