脱・五月病! そのネガティブ思考はただの“脳のクセ”かも!? /キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 脱・五月病!

脱・五月病! そのネガティブ思考はただの“脳のクセ”かも!?

2019年05月08日 17時50分配信  シティリビングWeb

脱・五月病! そのネガティブ思考はただの“脳のクセ”かも!?の画像:キレイスタイルニュース
長かった連休が終わり、現実に引き戻されてゲンナリしていませんか? 新生活が始まる4月からひと月経った5月は、ただでさえ疲れが出やすい頃。心身ともに体調を崩す人が増える時期です。普段はポジティブな人でも、疲弊するとネガティブ思考に陥りやすいもの。ついついマイナスな方向に考えてしまいがちです。実は、そのネガティブ思考は自分が経験したマイナスな出来事をパターン化した「人生脚本」がもとになっているかもしれません。そこで、今回は無意識に作り上げてしまう「人生脚本」の種類と、クセになっているネガティブ思考の“回路の断ち切り方”について解説します。
●育った環境と経験から作られる「人生脚本」

人は自分の生き方を7〜10歳という幼年、少年時代に決定すると言われていて、その生き方は親など育った環境や経験が影響します。「人生脚本」とは、この“生き方”をパターン化したもの。ほとんどの人が、自分が作った「人生脚本」に従い行動します。

あなたにも自分を縛るルールはありませんか? たとえば、小さい頃から親に「あなたは何をするにもおっちょこちょいね」と言われていると「私っておっちょこちょいでいつも大事な時に失敗する」とパターンを作ったり、「お母さんの言うことを聞きなさい」と常に言われ続けていると、「親が歓迎してくれないことはしたくない」というような思考になります。このように子どもの頃に与えられた禁止令や強制実行が人格を形成し、「人生脚本」を作り出すのです。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.