ジュエリーか、オブジェか? コールムーン「Single Form」展が浅草橋で開催中 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. ジュエリーか、オブジェか?

ジュエリーか、オブジェか? コールムーン「Single Form」展が浅草橋で開催中

2019年05月15日 15時00分配信  FASHION HEADLINE

ジュエリーか、オブジェか? コールムーン「Single Form」展が浅草橋で開催中の画像:キレイスタイルニュース ジュエリーか、オブジェか? コールムーン「Single Form」展が浅草橋で開催中
ジュエリーブランド、コールムーン(CALLMOON)が、東京・台東区の浅草橋駅最寄りのギャラリーCPK GALLERYで、「Single Form」展を開催中。



ミニマルで有機的なフォルムが特徴のコールムーンのジュエリー。身体の曲線や動き、またバーバラ・ヘップワースやコンスタンティン・ブランクーシといった彫刻家から着想を得たアーティーなピースには、しなやかさと強さが秘められている。

本展では、自然の石にシルバーのジュエリーを纏わせた、コールムーンとして初の試みの作品がお披露目された。

石は、デザイナーが海や山で出会ったもの。その自然環境の力によってつくられた形態にフォーカスし、石の一部に沿わせるようにして模ったシルバージュエリーがぴったりと密接している。

「ご自由にお手にとってご覧ください」と添えられたこの作品は、文字通り自由に触れることができる。手のひらを通じて認識する、石の形や質感、質量。刻々と刻まれた時間の経過や、環境を受け入れてきた自然の痕跡を感じ、そしてそのスピリットを描出したジュエリーを身に付けることで、自然と人間の関係性を改めて再考させられる。



自然界の波長に合わせて素材と向き合いながらフォルムを追求し、創造しながら生まれた作品は、驚くほど人の身体と調和する。肌に合わせた時に感じる石の冷たさ、静かな弧を描く線やフォルムを通じ、自然の一片を感じ取ることができるだろう。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.