「恋愛依存症」になりやすい人の特徴 /恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 恋愛
  5. 「恋愛依存症」になりやすい人の特徴

「恋愛依存症」になりやすい人の特徴

2019年05月23日 11時10分配信  マイナビウーマン

「恋愛依存症」になりやすい人の特徴の画像:キレイスタイルニュース 「恋愛依存症」になりやすい人の特徴
好きな気持ちが抑えられないほど、まっしぐらになってしまうのが恋の魔力。本気になればなるほど、止まれないものですよね。しかし、相手の立場や関係性によっては好きな気持ちを抑えたほうがよいときもあります。とはいえ、「好き」という思いを無理に抑えるのはなかなかつらいもの。できるだけ無理なく気持ちをフェードアウトさせていくには、どうしたらよいのでしょうか。■好きな気持ちを抑えたほうがいい場合ってどんなとき?まず、どんな恋愛だと恋心を抑えたほうがいい、と考えられるのかをご紹介します。◇どちらかが既婚者もしくは、パートナーありの場合好きな気持ちを抑える自分はもちろん、相手が既婚者やパートナーありのときは、やはり好きな気持ちを抑える必要がありそうです。既婚者の場合、相手の妻に関係がバレると、慰謝料の請求などリスクが大きいもの。シビアな現実を考えると、恋心を抑えたほうがリスクを回避できます。「つき合わなくても、ただ好きでいるだけならいいのでは……」と思うかもしれませんが、自分にウソをつきながら生活をするのはとても苦しいもの。好きな気持ちを抑圧したまま家族や友人の前でいつも通りの顔でいると、いつか限界がきます。できれば、燃え上がる前に鎮火させておくほうが、あきらめやすいといえます。◇彼氏がいる場合 相手が引くほど“好き”の気持ちが重い

アクセスランキング

恋愛の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.