日本ではなかなか味わえない現地の味が楽しめる「JICA市ヶ谷」の社食 /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 日本ではなかなか味わえない現地の味が楽しめる「JICA市ヶ谷」の社食

日本ではなかなか味わえない現地の味が楽しめる「JICA市ヶ谷」の社食

2019年06月12日 20時50分配信  シティリビングWeb

日本ではなかなか味わえない現地の味が楽しめる「JICA市ヶ谷」の社食の画像:キレイスタイルニュース
世界の食文化を通して開発途上国について学べる空間
JICA市ヶ谷 編


JICA研究所 総務課の草間佑子さん(写真左)と、JICA広報室 地球ひろば推進課の白石こすもさん。「途上国メニューを週替わりで楽しめるのがいいです」(草間さん)、「他のレストランで食べられない物や自分では作れない、その国独自のメニューが味わえる大使館メニューがお気に入り」(白石さん)


現地でしか味わえない料理を 再現したメニューが味わえる
開発途上国の人々への共感や連帯感を育む場として、無料で開放されている「JICA地球ひろば」。その館内で食文化を体験できるのが「J's Cafe」です。施設のイベントに連動した開発途上国メニューを、JICAの職員だけでなく、来館者も味わうことができます。日本ではなかなか味わうことのできない現地の味を、食材や調味料は代用するなど再現しています。開発途上国の暮らしや地球が抱える課題を、実際に“食べる”ことで学ぶことができます。※記事で紹介しているメニューは5月のもの
「J's Cafe」新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷2階


●1食につき20円寄付される「TFTセット」も
「大使館お墨付きメニュー」と月替わりで、展開しているのが「TFT(Table for TWO)セット」。1食ごとに、20円が開発途上国の子どもたちの給食1食分として寄付されます

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.