女性の8割が、睡眠中に無自覚で目覚めてしまう。 1週間後の肌に影響も...! /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. 女性の8割が、睡眠中に無自覚で目覚めてしまう。

女性の8割が、睡眠中に無自覚で目覚めてしまう。 1週間後の肌に影響も...!

2019年06月27日 10時42分配信  東京バーゲンマニア

女性の8割が、睡眠中に無自覚で目覚めてしまう。 1週間後の肌に影響も...!の画像:キレイスタイルニュース

資生堂ジャパンが20〜50代の働く女性を対象に2週間にわたって行った「働く女性の生活リズムと睡眠の実態調査」の結果、知らず知らずのうちに睡眠中に覚醒している「無自覚夜更かし」が2回以上発生している女性が約8割にのぼることがわかりました。

さらに、就寝時間が不規則であるほど睡眠中、無自覚に覚醒している人の割合が多いことも明らかになりました。

40代は3.9回

調査期間中、睡眠アプリで測定された対象者の"無自覚夜ふかし"の発生回数は平均3.7回、約8割(77.2%)が2回以上発生していました。平均を上回ったのは30代と40代、30代は4.1回、40代は3.9回と多発しています。

生活リズムと"無自覚夜ふかし"の発生回数が深く関係していることも明らかになりました。就寝時間帯が「かなり規則的」な人と「不規則」な人で、"無自覚夜ふかし"の発生回数を比較すると、 3回以上発生している割合は、圧倒的に「不規則」な人が高く、「かなり規則的」な人とでは1.7倍の開きがありました。

このような結果をうけ、体内リズムの乱れが肌に及ぼす影響も検証したところ、睡眠中に5〜10分程度の睡眠中断は、自律神経機能やホルモン分泌リズムを変化させ体内リズムを乱し、翌日の肌のみならず、1週間後の肌にまで影響を及ぼしていることが明らかになったのです。

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.