「女性の浮気」事情。“男性というサービス”を分業化する女たち /恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 恋愛
  5. 「女性の浮気」事情。“男性というサービス”を分業化する女たち

「女性の浮気」事情。“男性というサービス”を分業化する女たち

2019年07月16日 13時10分配信  マイナビウーマン

「女性の浮気」事情。“男性というサービス”を分業化する女たちの画像:キレイスタイルニュース 「女性の浮気」事情。“男性というサービス”を分業化する女たち
以前マイナビニュースが女性503名に実施した過去のアンケート調査(※)では、「身近な同性が浮気・不倫しているのを見聞きしたことがありますか?」の質問に51.3%の女性がイエスと回答していました。なんと過半数越え!※調査時期: 2018年5月9日-10日/調査対象: マイナビニュース会員/調査数: 女性503名/調査方法: インターネットログイン式アンケートやはり女性の浮気・不倫は増加傾向にあるんでしょうか?■社会的な地位を失うリスクがあっても、不倫をしてしまう浮気 女性「統計を取っていないのでわかりませんが、恋愛相談サービス(恋愛ユニバーシティ)を運営している視点でいえば、浮気や不倫は減ってないと感じます。テレビに出ている芸能人は、不倫がバレれば、番組を降ろされ、大金と社会的な地位、場合によっては家族まで失います。それにも関わらず、次から次へと不倫のニュースが飛び込んできます。不倫は、社会的な地位やお金を失ってでもしてしまうほど強力な力がありそうです。加えて、メディアは“見た目年齢〇歳”、“恋愛していないと枯れちゃう”、“女子力”、“現役感が大事” 、“いつまでも女でいたい”と、なにかと恋愛をし続けないといけない、とでもいいたげにあおってきます」とぐっどうぃる博士。確かにそうかもしれません……。たとえば2014年に社会現象にもなった、不倫をテーマにしたドラマ『昼顔』はその後、雑誌やウェブでも何度も特集が組まれました。かつて不倫・浮気の主語は男性でしたが、スマホの普及やSNSの活用もあって、女性の浮気・不倫もずいぶん身近になっているような……。■“男性というサービス”を分業化する女性たち。ところで男性と女性の浮気に、違いはあるのでしょうか。

アクセスランキング

恋愛の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.