若作りが痛い20代とは違うアラサー女性の魅力を引き出すリップの選び方 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 美容・コスメ
  5. 若作りが痛い20代とは違うアラサー女性の魅力を引き出すリップの選び方

若作りが痛い20代とは違うアラサー女性の魅力を引き出すリップの選び方

2019年07月16日 17時00分配信  Hanone

若作りが痛い20代とは違うアラサー女性の魅力を引き出すリップの選び方の画像:キレイスタイルニュース 若作りが痛い20代とは違うアラサー女性の魅力を引き出すリップの選び方

アラサーになっても、若い頃と同じメイクを続けていませんか?年齢とともに似合うメイクも変わるもの……。20代前半のメイクをそのまましていては“若作り”な痛い印象になってしまっているかもしれません。現在の自分をしっかり把握してメイクすることで、自分の魅力を最大限に引き出すことができますよ!

しかし、アラサーに似合うリップはどのように選べばいいのでしょうか?ここでは、アラサー女性にありがちなNGリップを参考に、失敗しないためのリップ選びのポイント、そしておすすめリップについてご紹介します。

アラサー女性の痛〜い若作りメイクは卒業しよう!

こんなリップ選びはNG!アラサー女性にありがちな失敗談




自分では大丈夫と思っていても、実は若作りでNGなリップ選びをしてしまっているアラサー女性の仲間入りをしているかも……。ここではまず、アラサー女性にありがちなリップ選びの失敗談をみていきましょう。

失敗談� 唇の老化に気付いていない

老化は少しずつ進行するため、自覚するのは案外難しいもの。しかし、10代や20代のころと比べると老化は確実に進んでいます。唇のハリがなくなった、乾燥してカサカサしやすくなった、発色のトーンダウンに、縦ジワが目立つ……といったサインを見逃していませんか。だからこそ、刺激の強いリップや保湿力の弱いリップはNGです。エイジング悩みがさらに進んで、ふっくらとした唇から遠ざかってしまいますよ。

? Branding Technology Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング

美容・コスメの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.