ミュンヘンとデザインとアート。旅する方におすすめしたい美術館「ピナコテーク」【EDITOR'S BLOG】 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. ミュンヘンとデザインとアート。旅する方におすすめしたい美術館「ピナコテーク」【EDITOR

ミュンヘンとデザインとアート。旅する方におすすめしたい美術館「ピナコテーク」【EDITOR'S BLOG】

2019年08月16日 18時10分配信  FASHION HEADLINE

ミュンヘンとデザインとアート。旅する方におすすめしたい美術館「ピナコテーク」【EDITOR'S BLOG】の画像:キレイスタイルニュース ミュンヘンとデザインとアート。旅する方におすすめしたい美術館「ピナコテーク」【EDITOR'S BLOG】
3月、iFというデザイン賞の取材で訪れた南ドイツ、ミュンヘン。

中世の風情ある美しき旧市街、シンデレラ城のモデルと言われる古城、雄大な自然、そんな風景を想像していたミュンヘンだったけれど、それら歴史に溶け込むように現代のデザインやアートが共存する街はとてもユニーク。


街を歩いているだけでユニークなデザインを見つけることができる。


今回は、そんな創造性に溢れたミュンヘンのコンテンポラリーな側面についてを書きたいと思う。

私の滞在期間中は、年に一度の「ミュンヘン・クリエイティブ・ビジネス・ウィーク(MCBW)」が9日間(3月9日から17日)にわたって開催中だった。街の美術館やギャラリーなどではデザインにまつわるイベントやワークショップが企画され、世界各国・国内各地から関係者が集い、地元を含むバイエルン州を始めドイツの産業や学生たちにとってもデザインとつながる重要な機会となっているようだ。

「MCBW」のカタログが美術館などで配布されていた。


MCBWの一環で、ドローグデザインの創設者の一人であるGijs Bakkerのレクチャーなども企画されていた!

さらに今年はバウハウス設立100周年という節目の年であることから、ここミュンヘンでもバウハウスの歴史を紐解く展覧会「Reflex Bauhaus」(〜2020年2月2日)が約1年間にわたって開催されたりとデザインに対して意識が高まっている。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.