中山競馬場にボーネルンドプロデュースのキッズスペース「うまキッズルーム」が誕生、フリーアナウンサーの吉田明世さんとふなっしーが幼児たちとプレイエリアを見学 /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. レジャー
  5. 中山競馬場にボーネルンドプロデュースのキッズスペース「うまキッズルーム」が誕生、フリーアナウンサーの吉田明世さんとふなっしーが幼児たちとプレイエリアを見学

中山競馬場にボーネルンドプロデュースのキッズスペース「うまキッズルーム」が誕生、フリーアナウンサーの吉田明世さんとふなっしーが幼児たちとプレイエリアを見学

2019年08月22日 19時25分配信  マイライフニュース

 日本中央競馬会中山競馬場は、馬場内エリアのリニューアルに際して、子どもが遊べる大規模な屋内ファミリースペース「うまキッズルーム」を9月7日にオープンする。8月22日に行われた内覧会には、保育士の資格を持つフリーアナウンサーの吉田明世さんと、千葉キッズ応援大使を務めるふなっしーが登場し、テープカットを行った他、幼児や小学生たちとキッズルームで遊具などを体感した。

 「うまキッズルーム」は、室内あそび場「キドキド」でおなじみのボーネルンドがプロデュースした、天候を気にせず、こころ・あたま・からだの全部を使って思い切り遊べる“うまキッズ”のための室内遊び場とのこと。利用料は無料で、3つのエリアで構成された広々とした空間を親子で遊びつくせる施設となっている。

 アクティブエリアは、まるで外の公園をそのまま屋内に再現したような、人工芝のアクティブゾーンとのこと。全身を使って遊べる遊具があり、高年齢の子供でも満足できる環境となっている。ベンチを多く設けることで、親の居場所を作り、子どもがどこにいてもそばで見守れるようにデザインしている。

 ブロック&ごっこあそびエリアは、レストラン、マーケットなど様々な異なる機能を体験できる子どもサイズの小さな街になっているとのこと。ヨーロッパの賑やかな路地に迷い込んだような美しい空間は、子どもの成長に欠かせない、創造性、想像力を引き伸ばす。

アクセスランキング

レジャーの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.