富士フイルム、機能性表示食品「メタバリアプレミアム EX(イーエックス)」を発売 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 美容・コスメ
  5. 富士フイルム、機能性表示食品「メタバリアプレミアム

富士フイルム、機能性表示食品「メタバリアプレミアム EX(イーエックス)」を発売

2019年09月10日 18時00分配信  マイライフニュース

 富士フイルムは、メタバリアシリーズの最上位品として、「糖の吸収を抑える」(サラシノールで報告されている機能性として)、「脂肪の吸収を抑える」、「継続摂取により腸内環境を整える」(サラシノールで報告されている機能性として)、「継続摂取により高めのBMI(Body Mass Indexの略。肥満度の判定に使われる指標。[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められる。日本肥満学会では、BMI:22を標準体重としており、BMI:25以上を肥満としている)を低下させる」の4つの機能性を訴求した機能性表示食品「メタバリアプレミアム EX(イーエックス)」を10月15日から発売する。

 同製品は、上記4つの機能性を持つ初めての機能性表示食品とのこと(8月末時点の日本の消費者庁届出情報から)。甘いものや炭水化物などの糖質が多い食事や脂質が多い食事に偏りがちな人、BMIが高めの人、健康的な毎日を過ごすために生活習慣の改善に取り組んでいる人、腸内環境を整えたい人におすすめとなっている。同社は、今後も科学的根拠に基づいた製品の開発を進め、機能性表示食品のラインアップを拡充していく。

 近年、体重管理や腸内環境の維持・改善に取り組むなど、消費者の健康意識が高まっている。全国の20〜69歳の男女1000名を対象に実施した「食と健康意識に関する調査」(ネオマーケティング調べ。2018年10月に実施)によると、健康のために摂取を控えている栄養成分として「脂質」を挙げた人の割合が37.5%と最も高く、僅差で「炭水化物・糖質」の35.0%が続いた。この調査結果から、普段の食事で健康のために「脂質」と「糖質」を控えることへの意識の高さがうかがえる。

アクセスランキング

美容・コスメの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.