FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を開催、タレントの矢方美紀さんが乳がん治療中の見た目や容姿に関する悩みについて語る /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. ヘルスケア
  5. FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を開催、タレントの矢方美紀さんが乳がん治療中の見た目や容姿に関する悩みについて語る

FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を開催、タレントの矢方美紀さんが乳がん治療中の見た目や容姿に関する悩みについて語る

2019年10月23日 13時15分配信  マイライフニュース

 アジアで展開する保険グループFWDの一員であるFWD富士生命保険(以下、FWD富士生命)は、乳がん月間である10月にあわせて、乳がんセミナー「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を10月16日に開催した。セミナーでは、乳がんと闘うタレントの矢方美紀さんとNPO法人全国福祉理美容師養成協会(以下、ふくりび)の岩岡ひとみ事務局長を迎え、がん治療中のアピアランス(見た目)の悩みとその克服方法についてトークセッション形式で語ってもらった。

 「当社は、1996年8月に事業を開始して以来、常に消費者の目線で考え、消費者のニーズに合ったシンプルでわかりやすい、独自性豊かな商品や新たな顧客体験を提供することで、人々が抱く『保険』に対する感じ方・考え方を刷新することをビジョンに掲げ、取り組んできた」と、FWD富士生命の立川麻理執行役員兼チーフ・マーケティング・オフィサーが挨拶。「日本では、生涯のうち2人に1人はがんに罹患し、そのうち3人に1人は就労が可能であるといわれている。このため、がんを抱えながら働く人が増えつつあるが、薬の副作用による外見の変化に対して、強いストレスを感じている人が多いのも実状だ。当社では、今後もアピアランスサポートを通じて、治療しながらでも働き続けられる環境づくりに貢献していく」と、アピアランスサポートの支援に引き続き力を注いでいく考えを示した。

アクセスランキング

ヘルスケアの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.