ホリエモンが歯科に行かない人は意識が低いとぶった斬る日本の予防歯科に警鐘を鳴らす理由とは /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. トレンド・新製品
  5. ホリエモンが歯科に行かない人は意識が低いとぶった斬る日本の予防歯科に警鐘を鳴らす理由とは

ホリエモンが歯科に行かない人は意識が低いとぶった斬る日本の予防歯科に警鐘を鳴らす理由とは

2019年11月08日 12時00分配信  Hanone

ホリエモンが歯科に行かない人は意識が低いとぶった斬る日本の予防歯科に警鐘を鳴らす理由とはの画像:キレイスタイルニュース ホリエモンが歯科に行かない人は意識が低いとぶった斬る日本の予防歯科に警鐘を鳴らす理由とは

本日11月8日は「いい歯の日」。みなさんは自分の歯を大切にしていますか?

Ha・no・ne編集部は、2019年10月23日に開催された「歯と健康シンポジウム2019秋」(日本歯科医師会主催・パナソニック協賛)に参加。シンポジウムでは「オーラルケアとビジネスパフォーマンス」をテーマに、日本歯科医師会常務理事 小山茂幸氏と、特別ゲスト 堀江貴文氏との対談が行われました。本記事では“ホリエモン節”が炸裂した対談模様を中心に、シンポジウムのレポートをお届けします。

オーラルケアできない人は仕事もできない??ホリエモン節炸裂の対談

日本歯科医師会常務理事 小山氏が語る「日本の歯科医療の現状」




「歯と健康シンポジウム2019秋」最初のプログラムでは、主催である日本歯科医師会の常務理事 小山茂幸氏が登壇。日本国内の歯科医療の現状が語られました。





みなさんも「8020運動」を耳にしたことがあるでしょう。これは「80歳になっても、自分の歯を20本以上保つこと」を目指した運動です。これにより、当初80歳で20本以上自分の歯を保っている人は7%だったのに対し、2017年には50%を超えたといわれています。しかし、平均20本の歯を有するのは69歳まで……。小山氏は、さらなる運動推進が必要と指摘しました。





では歯を失う原因は何なのか?その原因のひとつが「歯周病」です。歯周病は歯と歯茎の間に汚れが溜まって起こる歯肉炎から始まり、放置すると徐々に歯を支える骨が溶かされてしまいます。

? Branding Technology Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング

トレンド・新製品の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.