実は臆病? 「お調子者」の本当の心理 /キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 実は臆病? 「お調子者」の本当の心理

実は臆病? 「お調子者」の本当の心理

2019年11月10日 11時10分配信  マイナビウーマン

実は臆病? 「お調子者」の本当の心理の画像:キレイスタイルニュース 実は臆病? 「お調子者」の本当の心理
あいつ、調子いいよな……。・まわりと笑ってばかりいる・意見をころころ変える・場を盛りあげるのは得意・なれなれしいこういう人っていますよね。いわゆる「お調子者」です。そもそも彼らはどうしてあんな言動をするのでしょうか……どうやって対応すべきなのでしょう?今回は「お調子者」の心理と付き合うコツを解説します。■お調子者とはどういう意味?まわりに合わせて対応を変える人、軽はずみな言動をする人という意味です。場を面白くする人物というニュアンスもあります。しかし一方では「芯のない人間だ」というネガティブな印象も含まれます。診断してみよう! お調子者の特徴7つさっそく「お調子者の特徴と心理」を深めましょう。次の特徴にたくさん当てはまったら、あなたもお調子者かもしれません。◇(1)相手に意見を合わせてしまう自分の意見よりも空気が大事。だからこそ相手がどんな意見を言っても「いいですね!」と合わせます。そして場所が変われば、また違う意見に賛成するわけです。◇(2)守れない約束もしてしまうお調子者にとって大事なのは「約束を守ること」でありません。「場の空気がよいものになること」です。できれば自分が感謝される形で。そのために頼みごとをされると引き受けてしまうのですね。自分から「やってあげようか……?」と提案することすらあります。しかし、そこで感謝されると目的終了。あとは約束も忘れるというわけです。◇(3)場のために嘘をつくときがある

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.