「気にしないでください」は失礼? 上司への伝える際のコツ /キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 「気にしないでください」は失礼? 上司への伝える際のコツ

「気にしないでください」は失礼? 上司への伝える際のコツ

2019年11月29日 07時10分配信  マイナビウーマン

「気にしないでください」は失礼? 上司への伝える際のコツの画像:キレイスタイルニュース 「気にしないでください」は失礼? 上司への伝える際のコツ
「気にしないでください」は普段からよく使う言葉のひとつ。丁寧な言い回しのように聞こえますが、目上の方に対しては軽く聞こえてしまうケースがあるため注意が必要な言葉です。少し言葉を変えるだけで、相手への印象は大きく変わっていくもの。今回は「気にしないでください」を伝える正しい敬語表現と使い方のポイントについて解説します。■「気にしないでください」の敬語表現「気にしないでください」は丁寧語に分類されます。丁寧語は「です」や「ます」といった言い方で、この場合「する」の丁寧語である「します」を否定形の「しない」としています。例えば、レストランでお店の人がテーブルにお水をこぼしてしまった場面を想像してみてください。お店の人が申し訳なさそうに謝ってきたら、「気にしないでください」と返すことがあると思います。それでは、ビジネスシーンにおいてはどのような敬語表現になるのでしょうか。◇尊敬語は「お気になさらないでください」尊敬語では「気になさらないでください」や「お気になさらないでください」と言い換えることができます。「する」の尊敬語である「なさる」を用いることにより、相手への敬意を表すことができます。例えば、ビジネスシーンにおいて上司と打ち合わせをしている最中、上司あてに急な来客があり、打ち合わせが中断してしまったケースなどに有効な言い回し。この場合、上司に対して「お気になさらないでください」と伝えるとベター。さらに「どうぞ」を加えると、相手のことを思いやった丁寧な印象になります。■「気にしないで」のニュアンスを伝える代わりの敬語は?前述の通り、「気にしないでください」という表現は、場面によって少々ラフな印象を与えてしまうこともあります。同じニュアンスを伝える丁寧な敬語にはどんな表現があるのでしょうか。◇(1)「お気に留められませんよう」

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.