週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】 /美容・ファッション [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 美容・ファッション
  4. 週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】

2019年12月06日 12時00分配信  FASHION HEADLINE

週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】の画像:キレイスタイルニュース 週末喫茶部、日比谷「紅鹿舎」へ。冬夜のホットチョコレート【EDITOR'S BLOG】
11月の金曜日、21時ごろ。今回は、東京・日比谷駅から徒歩3分の珈琲館「紅鹿舎(べにじか)」へ。ピザトースト元祖の店として、よく知られるお店ですが、実はチョコレートドリンクのメニューが豊富な喫茶でもあるのです。


日々、タフでエネルギッシュな人だって、時には、疲れたなあ……って思う時もあるし、終電まで一人で物想いに耽りたい夜だってある。そんな日の夜に、ふらっと立ち寄ってみて。


ひとり時間は、自分自身をより豊かにしてくれるし、大切な人たちが、どれほど掛け替えのない存在かということに気づくひとときでもあると思うから。みんなでワイワイ、恋人とまったりも最高だけど、時には一人喫茶もしてみよう。


いつも基本はコーヒーだけど、冬の夜はホットチョコレートも嗜みたい。この夜、紅鹿舎にて週末喫茶部的・理想的なホットチョコレートに出会いました。

ホットチョコレート(950円)
こちらがその、理想的なホットチョコレート。口当たりはやさしくてクリーミー。ホイップたっぷりで、もちろんチョコレートの風味が浅いなんてこともなくて、こっくりとしたまろやかな甘さの一杯。さらに特筆するならば、くどさは全くなくて、喉がきゅっとなるような甘すぎる感じもない。満足。ホットココアではなくて、ホットチョコレートには、こんなニュアンスを求めていたよ。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.