「お節介な人」に共通する5つの特徴 /キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 「お節介な人」に共通する5つの特徴

「お節介な人」に共通する5つの特徴

2020年01月13日 07時10分配信  マイナビウーマン

「お節介な人」に共通する5つの特徴の画像:キレイスタイルニュース 「お節介な人」に共通する5つの特徴
困っている人を助けたり、後輩の仕事を手伝ってあげたり。誰かの「お世話」は、誰もが普通にやっていることです。しかし、それも度が過ぎると「お節介」となって嫌がられます。では、この“お世話とお節介の差”はいったいどこにあるのでしょうか?お節介を働く人の心理や、お節介な人にまとわりつかれたときにはどうすればいいのかなど、付き合い方について考えてみたいと思います。■そもそもお節介とは?お世話とお節介の違いは、「求められているかどうか」です。助けてほしいと思っているときに助けてくれればお世話であり、「自分ひとりでもできる」「自分ひとりでやりたい」と思っているときに介入されるとお節介となります。◇やり方や考え方の押しつけまた、「やり方や考え方の押しつけ」もお節介です。困っていることを解決するためのひとつの方法として提案されるのではなく、「こう考えるべき」「こうしなければならない」といった感じで、半強制的に指示するかのごとく関わってくる場合もお節介といえるでしょう。◇「困っている人を助ける自分は良い人」という考えそして、もうひとつ決定的な違いといえるのが「本当に相手のことを思っているかどうか」です。お節介な人は「困っている人を助けてあげたい」という気持ちもあるにはあるのですが、実は、「困っている人を助ける自分は良い人だ」という自己満足を得ようとしているのです。「純粋に私のためを思っていろいろ言ってくれているんだな」と思えれば、行き過ぎた介入であっても、それほどウザいと思うことにはならないものです。された側が善意の押しつけだと感じるほど、お節介は嫌なものになります。つまり、「相手のためではなく自分のためにやっている」のであれば、それはお節介ということになってしまうのです。■お節介な人の特徴5つ困りごとを手伝ったり、「こうするといいよ」と助言したり、よかれと思ってやってあげたお世話が、たまたまお節介になってしまうことは誰にでもありえる話です。問題なのは、“いつもいつもお節介になっている人”です。そういう人は、自分ではお節介と思われていることにほとんど気づいていません。むしろ「私は良いことをしてあげている」と思っています。中には「私がお世話をしてあげないと、この人はうまくやっていけない」と思って援助し続ける人もいます。まるで過保護で子離れできない親のようです。こういった過剰にお節介な人が、あなたの周りにもいませんか? 次のような特徴に当てはまる人がいたとしたら、まさにこのタイプといえるでしょう。◇(1)何事にも首を突っ込む

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.