自分は自分。そう思えることが世界平和 /キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 自分は自分。そう思えることが世界平和

自分は自分。そう思えることが世界平和

2020年01月14日 11時10分配信  マイナビウーマン

自分は自分。そう思えることが世界平和の画像:キレイスタイルニュース 自分は自分。そう思えることが世界平和
「他人のことが気になってしょうがない」。そう思うことってありますよね。「自分は自分、他人は他人」ってなかなか割り切ることはできないものかもしれません。実はかつて、私にもそんな時期がありました。でも今は思いきり「自分は自分」と自分らしく生きています。今回は、他人の目が気になってしまっていた私が、そう思えるようになった経緯をお話しします。「人は人」と思えなくて悩んでいる人のヒントになれば幸いです。■「自分は自分」と思えなかった頃の話◇「出ない杭は打たれない」と感じた小学生時代私が「他人のことが気になってしょうがない」と初めて思ったのは小学3年生の時。「私ってなんでこんなに人の目が気になっちゃうんだろう! 気にしなきゃいいのに!」と感じたんです。原因は女同士の、悪口・無視・仲間はずれなどがちょうど出てきた頃だったから。私がその標的になることもあって、あまり身に覚えがないゆえに「なんで嫌われたんだろう」「なんで怒らせたんだろう」と悶々と考えるんですよね。そうなると、友だちのちょっとした態度の変化とかも気になるし、人の目線から、友だちと歩いてる時の立ち位置まで気になる始末。そのめんどくささと、精神的負担には辟易しました。もともとあんまり空気読まない子だったし、マセてて、意見や主張の強い子でした。他の人と考え方が違うなあ、遊びや行動パターンもなんだか違うよなあ、服装や持ってるものも違う……と子どもながらに感じていました。「私もみんなと同じことをして、同じ意見を持って、同じような服を着て、目立たなきゃめんどくさくなくなるかなあ」と思って、無難な振る舞いしかしなくなったりして。そうなると確かに「出ない杭は打たれない」って感じで女同士の友情はなんとも平和でした。◇中学で事件発生。嫉妬でペンケースを隠された

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.