本当はスキなんだ!シャイ男性の「実は好きです」サイン4つ /恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 恋愛
  5. 本当はスキなんだ!シャイ男性の「実は好きです」サイン4つ

本当はスキなんだ!シャイ男性の「実は好きです」サイン4つ

2020年01月16日 21時30分配信  恋愛jp

本当はスキなんだ!シャイ男性の「実は好きです」サイン4つの画像:キレイスタイルニュース 本当はスキなんだ!シャイ男性の「実は好きです」サイン4つ
シャイな男性って、自分のことをどう思っているのかわからないことが多いですよね。 でも、男性を観察してみると、シャイだけどサインを出しているもの。 そこで今回は、シャイな男性が見せる「実は好きです」サインについてご紹介します。 (1)相手の目を見て話せない 『恥ずかしいから、特に好きな子の目を見て話せない』(29歳/公務員) 話をするときは、目を見て話をするのが基本ですよね。 でも、シャイな男性は、この基本が好きな女性にはできないもの。 恥ずかしくて、そんな目で見つめないでー!と心で叫んでいるものです。 (2)自分の意見を言えない 『相手の意見をまず聞きたいし、その子が望むものがいいから』(33歳/SE) 女性からすると、リードしてくれる男性が理想とすることがあるでしょう。 しかし、シャイな男性は、女性の意見を尊重する気持ちがあり、自分の意見を言えないのです。 また、女性の希望を叶えたいと思うので、自分の意見を飲み込んでしまいます。 (3)過度の心配性 『シャイだし、最悪な状況とかも考えるから、余計に心配になる』(26歳/金融) 普通は、女性の方がいろいろなことに心配性になってしまいます。 しかし、シャイな男性は、女性よりも心配性になりがち。 デートのことや告白、いろいろなことを考えると心配でたまらないのです。 (4)一度打ち解けると、よく話す 『いったん仲良くなったら、信頼しているからいろいろなこと話す』(34歳/IT) シャイな男性とは、打ち解けるまでが大変です。 しかし、心を開いてもらえれば、あとは仲良くなれて、いろいろな話もしてくれます。 たくさん話しだしてくれているということは、信頼しているということ。 シャイな男性の好きサインは、どうしても見逃しがちです。 でも、彼らなりのサインもあるので、よく観察してみてくださいね。 (恋愛jp編集部)

    アクセスランキング

    恋愛の最新ニュース

      【免責事項】
    • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
    • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
    • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

    読者エディター
    美の賢人ブログはこちら

    Copyright © bizki Inc. All rights reserved.